PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。「理念経営」を提唱し、生活者起点で顧客創造をサポートします。

東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団、広告・販促会社です。専門店マーケティングの考え方・手法に基づき、 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の「新しい未来」を創造します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2017年06月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 

PR現代 下島仁のブログ

PR現代 三代目代表 下島 仁(しもじま ひとし:通称しもじん)のブログです。
<プロフィール>
全国のきもの、ジュエリー専門店のマーケティング企画、ストアブランディングを担当。日本の文化産業の新たな価値創造・市場創造に貢献することがミッション。販促・マーケティング情報誌 月刊『next』編集長。和の生活マガジン『花saku』、ジュエリースタイルマガジン『Hills』発行人。マーケティングディレクター。1966年生まれ 福島県出身 1987年入社。
                                         

三井家の家訓  [2017年03月11日]
今週、ジュエリーコーディネーターの有志が集まる自主的な勉強会 「JCヌーボーの会」にて会員発表をする機会をいただきました。   テーマは、「きもの専門店に学びたい顧客密着商法・地域密着商法について」   きもの業界の市場環境や、宝飾市場とのチャネル別売り上げ比較などから業界の現状を確認し、 ・三井越後屋(現:三越伊勢丹、呉服店ビジネスモデル)を例にし... [全文を読む]
Posted at 08:40
私たちの大切な仕事は 「お客さまづくりのメソッド」を提供すること。   そんな思いを強くしたのが 今週お会いした何名かのお客さまとのこのようなやりとりからでした。   「カジュアル志向が強い現代ですが、地域のフォーマルニーズは確実にあります。  それにお応えし、お店の来店を増やすにはどういうコミュニケーションが必要なのでしょう?」   「地元の準富裕... [全文を読む]
Posted at 10:49
専門店のマーケティング・販促情報誌『next』 最新号 vol.119 2017 MARCH 完成しました。   今号は「アナログとデジタルの融合で新規客(売上)50%を実現する!」が 特集テーマです。   今後3年間)の具体的な数値目標として、新規客50%を実現する顧客創造の マーケティング・ストーリーを紹介しています。   顧客の高... [全文を読む]
Posted at 08:18
ジュエリー店と新たなお客さまをつなぐ季刊情報誌 『Hills』最新号「はじめてのアンティークジュエリー」 いよいよ2月20日発売です。   今回は、かつて『next』での連載や、弊社夏季セミナーでの講演などでもお世話になっている ジュエリー研究家・山口遼先生監修・解説による 「はじめてのアンティ-クジュエリー」を特集しています。   お客様にその魅力をさ... [全文を読む]
Posted at 21:55
PR現代のミッションは?  [2017年02月11日]
当社のミッションは簡潔に言えば、「きもの、ジュエリーをはじめとする日本の文化を担う専門店を 広告コミュニケーション活動を通じて元気にすること」です。 幹部でのミーティングではこれを 「生活者がわくわく・ドキドキする体験を提供し  きもの・ジュエリーの新たな市場を創造すること」 と話し合っています。 そのために当社は、広告、編集、プロモーション、ウェブ制作、 コンサルティ... [全文を読む]
Posted at 09:22
売り上げが思うようにあがらない場合や、 最近、売り上げが下がっているという時こそ かかっている経費を見直すことはとても大事です。   よくザルにたとえますが、ザルの目を締めないと 水は流れっぱなしで、溜まることはないからです。   売り上げをいくら増やしても 受け止める器がよくないと利益は蓄積されません。   では、どこから見直しますか? &nb... [全文を読む]
Posted at 10:47
専門店のマーケティング・販促情報誌 月刊『next』2月号 発行しました。  今月も多くの方のご協力まことにありがとうございました。   「美ステーション」は 弊社ジュエリーチームのオリジナルコンセプト・ネーミングです。   その内容は次のように定義しています。   「お客さまの美と健康に貢献するコトを総合的に提供し支持を集める専門店」... [全文を読む]
Posted at 12:20
1月20日に発売された 月刊『花saku』2月号の特集は「わたしのはじめてきもの   おんな6人きもの座談会」です。 女性がきものに求めること、楽しみ方、奥が深く面白いですね!   ユーザーが求めているのは 商品購入の際のアドバイスやスタイリング情報、着付けなど トータルなコンシェルジュだということがわかりました。   しかし、コンシェルジュにお願いするというの... [全文を読む]
Posted at 11:12
きもの文化、宝飾文化に携わりながら、 さらに顧客を大事にし、社員を愛し、 地域になくてはならないお店を目指して努力している会社。   もうそれだけで、たいへん価値ある会社だと思います。 胸を張って誇りをもって良いと思います。   縮小均衡の市場の中で大いに社会貢献に役立っている という誇りをもっともって良いと思います。   月刊『next』に登... [全文を読む]
Posted at 12:23
年初の各種賀詞交換会では 参加者が増えたところ、随分と減ったところと 差があった印象をもちました。   ひと昔前に、「勝ち組、負け組」という なんとも情のない後味の良くない言葉が流行っていましたが 今は、良いのは一部の少数、多数は苦戦組という状態という 印象を強く感じます。    多くの物販業は、現在の生活者の求める価値観に即した 「ライフスタ... [全文を読む]
Posted at 21:51
あけましておめでとうございます。 本年も皆さまにとって素晴らしい一年となりますことを こころよりお祈り申し上げます。     年末から昨日にかけて 『きもの文化と日本』(伊藤元重×矢嶋孝敏) (日本経済新聞社/日経プレミアシリーズ)を 読みました。   古代から現代まで日本の服飾史をたどり、きもの文化がなぜ停滞し、 そして今... [全文を読む]
Posted at 08:15
  専門店のマーケティング・販促情報誌 月刊『next』1月号 今回も多くの皆さまのご協力で発刊することができました。 年末の忙しい中取材に応じていただいた皆様 本当にありがとうございました。     1月号は、サバイバル時代を生き残るために挑戦している 「ネクストショップ」「ネクストカンパニー」を特集しています。     消... [全文を読む]
Posted at 07:22
弊社「夏季セミナー」での講演でお馴染みの山下淳一郎先生の最新刊 『日本に来たドラッカー』が11月26日に発刊されました。   本著は1959年に日本で開催されたドラッカーの講演記録やテープをもとに、 実話の正確さを保ちつつ、山下先生がより興味をもってもらいたいとの意思をもって編纂した、 たいへんわかりやすくかつドラッカーの意思と情熱が伝ってくる素晴らしい内容です。  ... [全文を読む]
Posted at 10:38
  すでにご存知の方も多いかもしれませんが、 中小企業庁 平成28年度第二次補正予算事業 日本商工会議所「小規模事業者持続化補助金」 の受付が先月からはじまっています。     これは、卸・小売業の場合は、正社員5人以下の 会社に対して、販路拡大、顧客開拓、新規事業開発等に 積極的な活動を行う場合、 その費用の2/3(50万円迄)を補助してくれると... [全文を読む]
Posted at 08:43
    今週は、年末ということもあり 各地の専門店を伺う機会に恵まれました。   各地で評判のお店の経営者に共通するのは ・経営理念の浸透 ・仕組みづくり ・組織づくり を重視している点です。   これは次世代の顧客を育成したいと願い、健闘されている専門店 (ネクスト・ショップ)に共通するマーケティングの縦糸と言えるものです。 つま... [全文を読む]
Posted at 10:31