PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2017年10月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 
ウェブ集客の突破口ブログ

ウェブ集客の突破口ブログ

専門店が今実践すべきウェブ集客の突破口“Blue Sky Method”を紹介していきます。実際のお店のウェブ運用に役立てていただければ幸いです。

ターゲットを明確にするということは、イコールそのターゲットのニーズや課題を 明確にするということです。   例えばジュエリーリフォームやリメイクを考えているターゲットであれば、 何を望んでいるのかを推測できます。 自宅のジュエリーボックスに入りっぱなしのジュエリーたちを なんとか活かせないだろうか? はたまた売ってしまおうか? どうしたら活かすことができるのかしら? ... [全文を読む]
Posted at 10:00
No.056 YouTube動画事例  [2016年10月05日]
今回は、YouTubeで人気の動画事例を紹介します。       ◎視聴回数日本ナンバー1の着付け動画 ハウツー動画の代表例です。     ◎同じく着付け動画。これも視聴回数が非常に高い。     ジュエリーに関しては、ほとんど視聴回数の多い動画が見つかりません。 中でもダントツの強さを見せているの... [全文を読む]
Posted at 10:00
動画を活用する上での、ポイントがご理解いただけたかと思います。 あくまでも動画とくにYouTubeは、ユーザーが好きなもの、気になることを 検索して閲覧しているので、商品の売り込みには適しません。 ユーザーのニーズや課題に対するアドバイスを配信するということが基本です。   つまり、YouTubeもウェブサイトも原則は同じということです。   だからといって、... [全文を読む]
Posted at 10:00
プロが配信する動画の中でハウツー動画のほかに人気が高いのが、   「感動動画」「開発秘話動画」「テクニック動画」です。   「感動動画」は、わかりやすくいえば、お客様の声です。 お客様が実際にどう感じたのか? ということをリアルの紹介する動画です。 感動動画と検索すれば、YouTube上に、プロが作った素敵な動画が多数見つかります。  しかしこれらの動画を制作... [全文を読む]
Posted at 10:00
一方で、売り手やプロが配信している動画で好まれているものもあります。   その代表が   「ハウツー動画」と呼ばれるものです。   文字どおり商品の使い方を説明するものです。   一般的に使用説明書は読まれません。 たいていの方が面倒くさかったり、字が小さくわかりにくいという理由で 避ける傾向にあります。 しかし、動画なら紙の説明書... [全文を読む]
Posted at 10:00
では一般的にどんな動画が好まれて閲覧されているのでしょうか。   一般の方が一般の人向けに配信して人気を集めているのが、 「レビュー動画」と呼ばれるものです。   実際に商品を購入して、それを使ってみてその感想を伝えるというものです。   人気の高いユーチューバーと呼ばれる人は、 共通して、そのリアクションが素直で万人が受け入れやすいものです。 ... [全文を読む]
Posted at 10:00
スマホ利用の爆発的な普及に伴って増えてきているのが動画利用です。 YouTubeをはじめ、様々な動画共有サービスが存在しています。 そして原則無料です。 これらのサービスは、プロが制作した番組を配信するのではなく、投稿者は基本的に一般の人です。 一般の人が投稿し、一般の人が閲覧するのです。 今後動画活用を行っていくうえで、おさえておきたいポイントがあります。   &nb... [全文を読む]
Posted at 10:00
少し前にiPhone7が発売され、話題になりました。 これに合わせて、ソフトバンクがギガモンスターというプランを発表して、 データ通信5ギガバイトの上限を20ギガバイトへアップさせました。 1,000円の追加で5ギガが一気に20ギガと4倍になるわけです。   このプランに追随して、ドコモ、auも同じようなプランを相次いで発表しました。   私自身も毎月のように... [全文を読む]
Posted at 10:00
広告をクリックするユーザーは、モチベーションが高い人が多く、   発信している情報がユーザーのニーズに合致していれば、 コンバージョンにつながる可能性が高くなります。   通常のウェブサイトよりも情報が特化している分 来店や成約に結びつきやすくなるわけです。   振袖やブライダル、リフォームなどある程度マーケットが大きいジャンルでは、   ... [全文を読む]
Posted at 10:00
さて、このランディングページですが、 どんなふうに活用するのが適切でしょうか。   ランディングページはその構造上、単品訴求に向いています。   一つの商品や一つのカテゴリーに絞って情報を発信すると 情報を受け取る側もダイレクトに自分に必要かどうかを判断することができます。   ゆえに、 いわゆるウェブサイト=コーポレートサイトと区別して、 &nb... [全文を読む]
Posted at 10:00
さて、それでは共通する7つの項目について、もう一度おさらいします。     1、キャッチコピー 2、共感部 3、商品提示 4、ベネフィット(使用効果) 5、お客様の声 6、差別化 7、アクション     これがランディングページの基本設計です。   1のキャッチコピーですが、どのランディングページにも 大きな文字でキャ... [全文を読む]
Posted at 10:00
それでは、実際にどんなランディングページがあるのか見てみましょう。 身近なところで、PR現代のセミナー用ランディングページ、 ならびにウェブ運用ツール「ホワイトファイル」紹介のランディングページを 紹介します。   夏季セミナーLP https://peraichi.com/landing_pages/view/seminer   ホワイトファイルLP htt... [全文を読む]
Posted at 10:00
今回から何回か、ランディングページの活用についてお話をしたいと思います。 まず、ランディングページとは何か? についてのおさらいをしておきましょう。 ランディングページ(Landing Page)とは、 広義には、ユーザーが最初に訪問したウェブサイトのページのことです。 なので、通常はトップページになりますね。 しかし、ここでいうランディングページとは、 縦長で、1ページしかなく、... [全文を読む]
Posted at 10:00
先日のウェブセミナーでもいくつか質問された言葉がありました。   ウェブやITの世界特有の言葉がたくさんあります。 カタカナだけでなくアルファベット三文字の言葉などなじみにくいものなど。   それゆえに頭に入っていかないということもあるのではないかと思います。   なかなか日本語で代替できる言葉がないのが難しいところです。   今日はいくつ... [全文を読む]
Posted at 10:00
昨日は足元の悪い中、たくさんの方にウェブセミナーにご参加いただきました。   誠にありがとうございました。   ウェブ運用を行なって、検索順位を上げ、 サイトに来てくれるユーザー数を増やしていくことができれば、 ウェブからの来店が実現します。   目安は、月刊のユーザー数が5,000人以上。   検索順位は希望するキーワードで5位以内です... [全文を読む]
Posted at 10:00