PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。「理念経営」を提唱し、生活者起点で顧客創造をサポートします。

東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団、広告・販促会社です。専門店マーケティングの考え方・手法に基づき、 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の「新しい未来」を創造します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2017年03月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 
ウェブ集客の突破口

ウェブ集客の突破口

専門店が今実践すべきウェブ集客の突破口“Blue Sky Method”を紹介していきます。実際のお店のウェブ運用に役立てていただければ幸いです。

スマートフォンサイトをどのように作ればいいのか?   これまでにスマートフォン対策について紹介してきましたが、 具体的なページづくりの流れを整理してみたいと思います。   画像をご覧ください。   実は、このページ構成は、ランディングページづくりとほぼ同じような 流れになっています。 &nb... [全文を読む]
Posted at 10:00
「レスポンシブデザイン」という言葉を聞いたことがありますか?   これはGoogleが、推奨するウェブサイトのデザインの仕組みのことです。   パソコンをはじめ、スマートフォン、タブレットなど端末に合わせて、一つのウェブサイトがその端末の画面サイズに適切に自動表示されるのが特徴です。   試しに、自店のウェブサイトをブラウザで表示させ、右下角のウィンドウの... [全文を読む]
Posted at 10:00
単純に言うと、スマートフォン対策では、   ユーザーの行動に伴った利用のしやすさ、簡単さが求められるということです。   ユーザーが求める課題(=キーワード)に対する適切な答えとしての 情報発信を行い、ユーザーにしてほしいアクションがしやすいようにするのです。   来店予約をしてほしいのであれば、   ユーザーが求めている情報発信とともに、... [全文を読む]
Posted at 10:00
もう少し噛みくだいでみましょう。   「電車の中」でメールをしている忙しい人をイメージしてみましょう。 長いメッセージを打つのは慣れないと大変です。また、電車の中だと他の人に覗かれる可能性もあります。 YES、NOで答えられるものには返信しやすいですよね。 だから、スマートフォンサイトは簡単さ、シンプルさが必要なのです。   スマホで何かを見ていると場所によっ... [全文を読む]
Posted at 10:00
スマホを制するものが、ウェブ集客を実現できる。   今の時代は、まさにこう表現できると思います。 添付のスマートフォン普及の推移(参照:ガベージニュース)を見ても、 毎年大きくスマートフォン利用率が上がっています。   さらに、Googleでは、昨年の2015年よりウェブサイトがモバイルフレンドリー (ス... [全文を読む]
Posted at 10:00
スマートフォンの爆発的な普及によって、私たちの生活は一変しました。   2008年の7月11日、日本でアップル社のiPhone3Gが発売されてから8年。 たった8年で、世界中でスマートフォンが利用されるようになりました。   スマートフォンの登場で、電話は電話することが主目的ではなく、 メールやSNS、インターネット閲覧、動画視聴が主目的となり、 電話機能はサブ的... [全文を読む]
Posted at 10:00
さて、 お店のウェブサイトは、資料請求ボタンや来店予約ボタンはどこに設置されているでしょうか。 トップページのわかりやすい場所に設置されているでしょうか。   入力フォームを最適化し、サンクスページも工夫したのに、 入力フォームからユーザーが送信してこない、なんてことはありませんか?   せっかく作った入力フォームでも、 ユーザーの目に触れる場所になければ、フォ... [全文を読む]
Posted at 10:00
入力フォームの最適化について大切なことは、フォームの内容や順番だけではありません。   ユーザーが入力を完了し、送信ボタンを押したあとに出現するページ、 いわゆる「サンクスページ」というものの活用も重要です。   一般的には、ユーザーが送信ボタンを押したあとには、   「送信完了 送信が完了いたしました。ありがとうございます。」   などの... [全文を読む]
Posted at 10:00
ゆえに、入力フォームこそがウェブサイトにおいてもっとも重要なページといえます。     では、入力フォームを有効に活用するにはどうしたらいいのでしょうか。   通常の入力フォームは入力項目が次のような順位並んでいます。   1、名前(必須) 2、住所(必須) 3、電話番号(必須) 4、メールアドレス(必須) 5、生年月日(必須) 6、... [全文を読む]
Posted at 10:00
それゆえに大事になってくるのは、入力フォームを最適化することです。   どういうことかというと、   情報を求めてユーザーがウェブサイトに訪問してくれたとして、 情報を見てくれただけで満足していただくという状態だと お店にお客様が来てくれることはありません。   役に立つ情報を発信しているウェブサイトを運営しているお店に 興味を持ってもらい、商品やサ... [全文を読む]
Posted at 10:00
ユーザーのニーズに応える適切な更新を行っていくと大きく2つのメリットがあります。   1つは、検索順位がアップするということです。 検索順位がアップすることでより多くの人の目に触れるようになり 結果として来店予約などの成果が出やすくなります。   2つめは、アクセス数・ユーザー数が増えるということです。 アクセス数・ユーザー数が増えるから検索順位が上がります。 ... [全文を読む]
Posted at 10:00
では、具体的に何をどのように更新すべきでしょうか?   ここでやってしまいがちなのが、   “お店の強み”をいきなりアピールすること です。   えっ? お店の強みをアピールすることがダメなのか? と思われるかもしれません。   そうなのです。いきなり強みをアピールすることは、 Googleの目指すところと違うので... [全文を読む]
Posted at 10:00
さて、成果を出す適切なウェブ運用は、ユーザーニーズを把握し、 そのニーズに応えることだと以前お話ししました。 実際に成果を出す(ウェブ集客を実現する)手法をご紹介します。   当社で「BLUE SKY METHOD」と呼んでいる手法があります。 その1つめが成果を出す適切なウェブ運用「白い帽子作戦」です。   これはGoogleが推奨する検索エンジン最適化の手法で... [全文を読む]
Posted at 10:00
三つめのチェックポイントは、「クローラーテスト」です。 みなさんは検索順位がどのように決められているかをご存じですか? Yahoo!にしてもGoogleにしても、その仕組みは同じです。   インターネット内に棲んでいる「クローラー」というサイバーロボットが 常に回遊しており、有用なウェブサイトがどれなのかをチェックしています。 ユーザーが検索しているキーワードに合致した記事を... [全文を読む]
Posted at 10:00
2のモバイルフレンドリーテストは、Googleが提供しているスマートフォンに最適化しているかどうかをチェックするサービスです。「モバイルフレンドリーテスト」で検索し、出てきたサイトの入力欄に自店のウェブサイトのURLをコピー&ペーストして、チェックしてみましょう。   これでモバイルフレンドリー(スマートフォンに最適化されている)かどうかが判別できます。   もし、... [全文を読む]
Posted at 10:00