PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2017年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 

PR現代 下島仁のブログ

PR現代 三代目代表 下島 仁(しもじま ひとし:通称しもじん)のブログです。
<プロフィール>
全国のきもの、ジュエリー専門店のマーケティング企画、ストアブランディングを担当。日本の文化産業の新たな価値創造・市場創造に貢献することがミッション。販促・マーケティング情報誌 月刊『next』編集長。和の生活マガジン『花saku』、ジュエリースタイルマガジン『Hills』発行人。マーケティングディレクター。1966年生まれ 福島県出身 1987年入社。
                                         

「思いやり」は組織のパフォーマンスを格段によくする。  [2017年10月14日]

2017年4月に刊行された

『自分を大事にする人がうまくいく~スタンフォードの最新「成功学」講義』

著:エマ・セッパラ(訳:高橋佳奈子)

たいへん共感するところがありました。

 

 

副題にある「限界まで頑張る」時代遅れのやり方から抜け出し、

楽しみながら成功しつづける6つの近道は次の方法でした。

 

「幸せ」と「成功」を同時に手に入れる六つの方法

 

1:未来を追い求めるのをやめる

  今この瞬間に生きる(もしくは働く)。そうしないと成功の機会が減る。

  ひとつ終える前に「次のこと」を考えすぎると生産性が下がる。

  

2:「やりすぎ」から脱却する

   レジリデンス(回復力)を鍛える。

   「思考」でなく「体」を使う。

 

3:エネルギーをコントロールする。

  冷静でいることの隠れた利点を理解する。

  完璧主義をやめる。

 

4:「何もしない時間」を増やす ー何もしない時間が創造力を高めるー

  さまざまなものに目を向けて集中を解く。

  静かにじっとしている時間をつくる。

  子供のように遊ぶ時間をとり戻す。

 

5:自分との付き合い方を変える

  「厳しい自己批判」の危険性を知る。

  「自分を思いやる」を習慣にする。

   感謝の念を抱く。    

 

6:他人に思いやりの心を見せる

  「利己的なやり方」は長期的に失敗に終わる。

    思いやりは本能に刻み込まれている。

 

 

「思いやり」は組織のパフォーマンスを格段によくする。

 

一番興味深かったのは、思いやりは人間関係にすばらしい影響を及ぼし、長く続く忠誠心を呼び起こす。加えて健康増進にも貢献する。という最終章。 

 

幸福感は生産性を12%高める 

思いやりはは組織のパフォーマンスを格段によくする。

親切な行動は職場でのステータスと信頼性を高める。

気遣われた部下は忠誠心と士気を高める。

他人に思いやりを示すと健康になる。

 

誰かがほかの誰かに手を差し伸べている姿を目にして高揚感を経験すると、

自分もちがう誰かに親切にしたいと思うようになる。

思いやり深い振る舞いが広まるとそれがもたらす利益が倍増されていく。

 

「自分を追い詰め、限界までやれば成功する時代は終わったことが科学で証明され 

た」ということを各種研究を通じて明らかにしてくれています。

 

本のはじめにでは、アメリカの偉大な女性作家である、マヤ・アンジェロウの

言葉を引用しています。

 

「成功」のためなら「幸せ」を犠牲にしてもかまわない?

 

(いいえ)成功とは、自分自身や、自分のしていることや、

     自分のやり方を好きになることである。

    (マヤ・アンジェロウ:アメリカ合衆国の活動家、詩人、歌手、女優)

 

 

「幸福感」が成功を呼ぶのですね。

 

著者のエマ・セッパラは、フランス、パリ出身。イェール大学卒業後、コロンビア大学で修士号、スタンフォード大学で博士号を取得。現在、スタンフォード大学の“思いやりと利他主義の研究教育センター”のサイエンス・ディレクターで、イェール大学で「幸福の心理学」を教えている。また、「フォーチュン500」の企業の経営者・従業員に対して組織づくりのコンサルティングをしているほか、グーグル、アップル、フェイスブック等での講演も多数という女性です。

 

 

『自分を大事にする人がうまくいく~スタンフォードの最新

「成功学」講義』著:エマ・セッパラ(訳:高橋佳奈子)

 2017/4/16 大和書房

 

 



Posted at 09:19