PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2017年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 

PR現代 下島仁のブログ

PR現代 三代目代表 下島 仁(しもじま ひとし:通称しもじん)のブログです。
<プロフィール>
全国のきもの、ジュエリー専門店のマーケティング企画、ストアブランディングを担当。日本の文化産業の新たな価値創造・市場創造に貢献することがミッション。販促・マーケティング情報誌 月刊『next』編集長。和の生活マガジン『花saku』、ジュエリースタイルマガジン『Hills』発行人。マーケティングディレクター。1966年生まれ 福島県出身 1987年入社。
                                         

点検しよう、ウェブ時代のカスタマージャーニー  [2017年11月10日]

カスタマージャーニーで、ワォ!を創出していますか?

 

経済学者のフィリップ・コトラー博士は、

『コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極戦術』

(8月30日発売/朝日新聞出版)で次のように記しています。

 

生産主導のマーケティング(1.0)から顧客中心のマーケティング(2.0)、そして人間中心のマーケティング(3.0)へ。そして今は、マーケティング4.0に向かおうとしている。このマーケティング4.0は、デジタルマーケティングと伝統的マーケティングを融合した3.0の進化型といえます。

カスタマージャーニー(顧客のあらゆる購買体験)をさらにダイナミックに誘導し、アナログとデジタルを駆使して「ワォ!」と思わせる顧客価値の最大化を図ること。

 

その具体的な手法が、「シェアリング」エコノミーやオムニチャネル、ソーシャルCRMなどといえます。

 

あらためて点検したい、

このウェブ時代に適応した、カスタマージャーニーの最適化

 

PR現代 では、生活者がお店で商品を購入し着用するプロセスを5段階で示してみました。自店のカスタマージャーニーは機能しているでしょうか。

各顧客接点での価値の向上は、購買決定率や単価アップ、リピート率に直結します。ぜひ点検しておきたい項目です。

 

 

 

詳しくは、弊誌月刊『next』11月号をご覧ください。 

 

 

 

 
Posted at 18:38