PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2018年07月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 

PR現代 下島仁のブログ

PR現代 三代目代表 下島 仁(しもじま ひとし:通称しもじん)のブログです。
<プロフィール>
全国のきもの、ジュエリー専門店のマーケティング企画、ストアブランディングを担当。日本の文化産業の新たな価値創造・市場創造に貢献することがミッション。販促・マーケティング情報誌 月刊『next』編集長。和の生活マガジン『花saku』、ジュエリースタイルマガジン『Hills』発行人。マーケティングディレクター。1966年生まれ 福島県出身 1987年入社。
                                         

リ・ジュエリー地域一番店を目指そう!  [2017年11月18日]

11月20日に発行する、専門店とお客さまをつなぐジュエリースタイルマガジン

『Hills』(特集 リ・ジュエリーしませんか?)の完成にあたり、

リ・ジュエリー市場への取り組みに関する可能性と意味について、

あらためてまとめてみました。

 

地域で一番信頼できる店!というストアイメージ確立のために!

リ・ジュエリー地域一番店がこれからの顧客の支持を集める

 

リフォーム市場は、ジュエリー市場全体の5%だが・・・

ジュエリー市場における買取り市場は2011年の4,120億円がピークとされ、

それ以降も年間3千億円以上毎年あるとみられています。

また、1960年代頃から販売してきたジュエリーの日本のタンス市場は約30兆円とされ、

実際の査定ベース(8.3%)で考えても、約3.5兆円あるとみられています。

 

また、ジュエリーのリフォーム(リモデル)市場は年間約500億円、リユース市場は約200億円。

リフォーム市場は過去10年間二桁成長の分野です。矢野経済研究所のデータより)

 

ジュエリーの市場規模が約1兆円弱といわれるなか、リフォーム市場は全体の5%弱で、

今後10年間で500億円から1,000億円へと成長する可能性をもっているとされています

2013年べース「同研究所」推定)

 

このような市場背景のなか、今地域の専門店にとって「3R」、

特にリフォームに対してどう取り組むかが新規客づくりのキーポイントになっています。

 

ジュエリーリフォームで得られる3つの価値とは?

では、ジュエリーをリフォームすることで得られるお客さまの価値とは何でしょう?

以下は多くのリフォームプロモーション(チラシ、DM企画)を手がけさせていただいた事例から

次のようなポイントに集約できました。


<ジュエリーリフォームの3つの効果>


1:よみがえる
昔ながらの宝石、しまったままのジュエリーが今の時代によみがえるうれしさ。

「もったいない」という気落ちを解消してくれる喜びがもたらされる。


2:着けたくなる
ちょっと飽きてしまった。ジュエリーは一旦卒業という意識を変え新鮮なデザイン、

ストーリーのあるジュエリーを着けてみたいという思いにさせてくれる喜び。

新たなジュエリーの楽しみに気づかせてくれる喜び。


3:受け継ぎたくなる
お母さんの、おばあちゃんのジュエリーを、次の世代へと受け継ぐ喜び。

家族の思い出とともに我が家の宝ものとして遺し受け継いでいく喜びがもたらされる。

 

これからは、リフォームありきではなく、

お客様のお持ちの宝石を、より高い価値として蘇らせる

コンシェルジュ機能がカギを握ります!

ジュエリー専門店はこの10年間、既存顧客、特に中高年のお得意さまに支えられてきました。

しかしその高齢化が進み、宝石への関心は低くなり、また上顧客が亡くなるケースも増えているのが

実情です。この先5~10年の間に、宝石の魅力、リフォームする効果を顧客やその家族にしっかり

伝えていかないと、価値あるジュエリーがその家族に安直に売られてしまう可能性も否めません。

今こそ、宝石の意味や譲り伝えることの大切さを提案していく必要があります。

 

一般社団法人「日本リ・ジュエリー協議会」が提唱するジュエリーをコンシェルジュする

機能がカギを握ってきます。

 

5つの方法とはつぎのことです。

 

 1:修理する

 2:リモデルする

 3:地金を換金する

 4:下取りする

 5:受け継ぐ

 

ジュエリー専門店にとってリジュエリーに取り組むメリット

はいくつかありますが、特に次の3点があげられます。


1:自店のお客さまづくりにつながる
 特に新規客、休眠客の掘り起こし、ジュエリーファンづくりに重要な役割を担うのが

ジュエリーリフォームをはじめとする「3R」です。これまでは新たな商品をいかに低価格で販売するか、

いかに有名なブランドを多くそろえて販売するかが新規客づくりの大きなポイントでしたが、

今は違ってきています。在庫リスクが少なく小さい投資で大きな効果が期待できるのが「3R」です。

 

2:ストアイメージの向上につながる
「リジュエリー」のことならまずあのお店に相談しよう。地域で一番信頼できる店!というストアイメージの

向上につながります。販売店としてだけでなく、お客さまのジュエリーライフを応援する

「“ジュエリーコンシェルジュ”ショップ」の確立がこれからの地域での優位性をもたらします。

 

そのために宝飾文化への造詣の深さと共に、法律的な観点から財産の相続、資産運用という面でも

顧客をサポートできる専門知識をもつことも求められてくるでしょう。

 


3:社員のスキルの向上、成長につながる
お客さまがもっているジュエリーを支援し、お客さまのジュエリーライフを応援するという

ジュエリーコンシェルジュのスキルは、成約体験やイベント経験等の実学を通じてこそ身につけられます。

経験を早く蓄積していった方が有利に働きます。

  

 

地域で一番信頼できる店!というストアイメージ確立、

そして、地域の富裕層クラスの方々からの支持を集めるために

「リ・ジュエリー地域一番店」を目指しませんか?!

 

 

 

 

 

Posted at 11:45