PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2018年06月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 

PR現代 下島仁のブログ

PR現代 三代目代表 下島 仁(しもじま ひとし:通称しもじん)のブログです。
<プロフィール>
全国のきもの、ジュエリー専門店のマーケティング企画、ストアブランディングを担当。日本の文化産業の新たな価値創造・市場創造に貢献することがミッション。販促・マーケティング情報誌 月刊『next』編集長。和の生活マガジン『花saku』、ジュエリースタイルマガジン『Hills』発行人。マーケティングディレクター。1966年生まれ 福島県出身 1987年入社。
                                         

森信三先生『修身教授録』PR現代 読書会  [2018年03月02日]

こんにちは、3月もスタートですね

弊社では、毎月1日に、日本を代表する哲学者・教育者、森信三先生の

『修身教授録』読書会を有志で開催しています。

 

 

3月1日には、東京読書会の宇野友章さん(写真右から2番目)がゲスト参加され、

いつも以上に活発な会となりました。

発熱のため参加できなかった方は残念でした(^^ゞ

 

今日読み合わせたのは、第12講「偉人のいろいろ」。

二宮尊徳と聖徳太子について取り上げられていました。

 

二宮尊徳が遺したとされる

「荒地を拓くに荒地の力をもってす」

(荒地は荒地の力で耕す)を20代のころにはじめて聞いた時は

チンプンカンプンでしたが、50代となった今、

その事業経営、そしてストアブランドマーケティングにおいて

とても大事な考え方であり手法であるということをひしひし感じます。

 

それは本質的には、

○顧客、社員との一体経営

○事業の独自化戦略

○共感性マーケティング

と共通であると、歳を重ねるうちに理解するようになりました。

 

ちなみに弊社の読書会のスタートは

1993年(平成5年)ですからちょうど25年になります。

 

きっかけは、読書会スタートの2年前、弊社創業25周年のとき、

森信三先生の教えのもと「あすこそは」の実践を提唱する寺田一清先生に

ご講演いただいたことにはじまります。

 

その後弊社創業者の呼びかけにより、森信三先生、二宮尊徳翁に学び、

会社を再生・新生したいとの考えから、当時の幹部社員を中心に弊社読書会は

スタートしました。

 

『幻の講話』を二巡し、現在は『修身教授録』を教本にしています。

 

 

 

 

 

 

Posted at 13:29