PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2018年08月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 

PR現代 下島仁のブログ

PR現代 三代目代表 下島 仁(しもじま ひとし:通称しもじん)のブログです。
<プロフィール>
全国のきもの、ジュエリー専門店のマーケティング企画、ストアブランディングを担当。日本の文化産業の新たな価値創造・市場創造に貢献することがミッション。販促・マーケティング情報誌 月刊『next』編集長。和の生活マガジン『花saku』、ジュエリースタイルマガジン『Hills』発行人。マーケティングディレクター。1966年生まれ 福島県出身 1987年入社。
                                         

スタッフ自身がわくわく楽しい店舗空間をつくろう!  [2018年06月02日]

最近よく聞く言葉「インスタ映え」

 

専門店の場合、特に飲食店においてこの「インスタ映え」が、

新たなファンをつくるさいの重要なポイントになっています。

 

飲食店以外でも「インスタ映え」するかどうかが、

これからのお客さまづくりにおいて重要な要素となってくるでしょう。

 

顕著な例は、昨年4月にオープンし、

このほど1周年を迎えた「GINZA SIX」(銀座シックス)

そして今春オープンした「東京ミッドタウン日比谷」。

 

店舗の中にアートな空間を創造する

 

例えば、銀座シックスでは、同施設の中央に位置する大きな吹き抜け空間に日本を代表する現代アーティスト 草間彌生 氏の新作インスタレーション(空間に立体作品を設置する芸術表現)が展示され、開業を盛り上げました。

 

作品の重要なイメージはドット(水玉)とネット。またモチーフとしてのカボチャが話題を呼び、バルーンでできた、このアートインスタレーションを多くの来館者が撮影。インスタグラムをはじめさまざまなSNSで拡散され、それによる来場効果は計り知れないほどの反響を呼び、オープンから今年の2月まで展示されました。

 

現在は第二弾として、フランス人アーティスト ダニエル・ビュレン氏のトレードマークであるストライプ模様を旗に用いた新作インスタレーションが今年の10月末まで展示されています。

 

東京ミッドタウン日比谷では、

2018/5/28(月)〜6/3(日) まで、1階アトリウムで、シチズン時計創業100周年を記念した特別イベント「CITIZEN 100th Anniversary Touch&Try Event」が開催されました。シチズンの「これまで」と「これから」を表現。「LEDシンボルクロック」を中央にして4つのコーナーを配置。あらゆる体験を通じてシチズンの魅力に触れる楽しみを提供していました。

 

 

制作工程をもっと感動的に伝える「Make People Happy」​​​​​​​

 

新規客の人気を集める店舗の特徴のもうひとつの特徴は、「制作工程をお客さまに見せる演出」です。この方法は昔からあるが最近はお客さまを楽しませる趣向をさらに凝らした店舗が出現している。

 

ひとつの例がお客さまそれぞれに合ったアイスクリームを提供する「コールド・ストーン・クリーマリー (Cold Stone Creamery)」です。 同社は、アメリカ合衆国アリゾナ州スコッツデールに本部を置くアイスクリームショップでありメーカー。日本では「コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン(株)」が店舗展開。企業理念は「Make People Happy」。

 

お客さまの目の前でスタッフが歌を歌いながらアイスクリームを混ぜ合わせてお客さまに提供するパフォーマンスは客を笑顔にさせ、ユーチューブに数多くアップされています。

 

スタッフ自身もわくわく楽しい店舗空間を!

 

最後にもうひとつ、最近の店舗の特徴は、お客さまとともにスタッフも楽しく、わくわくする店舗空間であるということ。

前述のコールド・ストーン・クリーマリーもそう。最近の百貨店やショッピングセンターは、社員食堂や休憩場所をより快適な空間にしようと努めているところがとても増えています。求人難であることも影響していますが、今はお客さまに見えるところだけでなく、働くスタッフが楽しく生きいきと、また自慢になるような店舗空間が必要とされています。

 

時代はフォトジェニックな店舗を求めています!

 

このように、最近は「フォトジェニック(Photogenic:被写体として美しい)な店舗空間が新規客を増やしています。

 

長年評判の良い店を維持するには、4年に一度のリニューアル、10年に一度の大幅改装が必要という経営者もいます。SNS時代は店舗の話題性や、モノに飽き足りている成熟時代は、商品を購入するだけでなく、楽しい事、わざわざ店舗に行きたくなる魅力が店舗空間に求められています。

 

詳しくは、専門店のマーケティング販促情報誌『next』5月号で紹介しています。

 

 

 

 

 

 

Posted at 07:22