PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2018年08月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 

PR現代 下島仁のブログ

PR現代 三代目代表 下島 仁(しもじま ひとし:通称しもじん)のブログです。
<プロフィール>
全国のきもの、ジュエリー専門店のマーケティング企画、ストアブランディングを担当。日本の文化産業の新たな価値創造・市場創造に貢献することがミッション。販促・マーケティング情報誌 月刊『next』編集長。和の生活マガジン『花saku』、ジュエリースタイルマガジン『Hills』発行人。マーケティングディレクター。1966年生まれ 福島県出身 1987年入社。
                                         

8月1日、エクスママーケッター藤村正宏さん4年ぶりの登壇!  [2018年07月27日]

こんにちは、しもじんです。

いよいよ来週8月1日(水)に迫った、PR現代 第53回「夏季セミナー」

「テーマ:さぁウェボリューション®️をはじめよう」

 

 

エクスママーケッター藤村正宏さん4年ぶりに登壇!

記念講演をしていただく藤村正宏氏(マーケティングコンサルタント)は、今回4年ぶりの登壇となります。

「企業からのマーケティングコミュニケーションよりも、フレンド、ファミリー、フェイスブックのファン、ツイッターのフォロワーのコメントやレビューを信頼する」と伝えたのは、経済学者 フィリップ・コトラー博士(『マーケケィング4.0の提唱者』)。

 

藤村氏は最新刊『SNS消費時代のモノの売り方「3つのF」が価値になる!』(日本経済新聞出版社)で、「あなたの会社や商品は、今、SNSの中で語られていますか」と問いかけています。

 

藤村氏には「3つのF」(ファミリー、フレンド、フォロワー)を増やすために大切なこと、そして「モノではなく、体験を売る、感動体験によるお客さまづくり(エクスペリエンス・マーケティング)」の具体例をお話しいただきます。今から楽しみでなりません。

 

「3つのF」(ファミリー、フレンド、フォロワー)はなぜ大切なのか?

 

「今の時代、個人がメディアになることが最強です。個人が発信する手段を持ち、個人の発信が価値になる。そういう環境」と語る藤村氏。また情報の氾濫する時代だからこそ、発信が増え、情報が増えるということは、選ばれにくくなるということでもあるという。だからこそ人は友人や家族などの「つながっている人」の情報に注目するようになり、「3つのF」……家族(Family)、友人(Friend)、フォロワー(Follower)からの情報が信頼され、選ばれる時代になったとしています。

 

「つながりの経済が本格的に到来している。個人も企業も自らがメディアになることが大切。『3つのF』を価値とすることが大切」と藤村氏は語ります。

 

「どんなに優れた宣伝も、家族のひと言にはかなわない。どんなに優れた広告も、仲間の勧めにはかなわない。どんなに優れたマーケティング戦略も、個人と個人とのつながりにはかなわないのです」

 

「明るく楽しんで仕事をしているかどうかは、たくさんの人に見えてしまいます。どうせ仕事するなら、楽しく、面白がってするほうがいい。これは真理です」

 

企業は消費者との関係性の「質」を上げることが求められている今、「人柄のいい会社」が繁栄すると藤村さんは主張します。

 

あなたとあなたの会社の個性を「発見→価値→発信」するには!?

 

本セミナーでは、個人、企業には必ず価値が存在し、その価値の発見の仕方、そして発信の仕方のポイントを紹介します。

藤村さんは「今の時代は知られなかったらないのと同じ」とし、リアル店舗においても時代に合った価値が存在するといいます。それはひとことで言えば「体験価値」

 

言い換えると「行くだけで価値のある店」にすること、といいます。

 

例えば店舗においても、

○いるだけで楽しい、面白い、癒やされるなどを体験できる店舗環境

○店員さんとのコミュニケーションがたくさんできる店

○思いがけない商品との出会いがある店

○SNS投稿の写真や動画の撮影ができる店

という要素が求めらています。

 

「『体験型の商品』(コト商品)と、『体験価値』は違います。着付け体験とか、お出かけ体験とかはそれ自体は『コト商品』です。化粧品はそれ自体が商品、シミが消えることがコト、女性としていつまでも生きがいのある生活をしたいということをかなえることが『体験価値』です」(同)

 

『ほかと同じことじゃない、他者と同じ思考ではない、ほかでやらない』そういうことが価値になります。

 

自社の価値を発見し、発信するためにご興味のある方は

第53回「夏季セミナー」で会いしましょう。

 

 

 

 

PR現代 第53回「夏季セミナー」

「テーマ:さぁウェボリューション®️をはじめよう」

 

セミナープログラム・会場へのアクセスはこちらから

http://pr-g.jp/mces/index/00146

 

お席あとわずかございます。ご参加のお申し込みはこちらから

https://global-ssl05.jp/pr-g.jp/inquiry_logs/apply/00345

 

 

 

Posted at 11:09