PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2018年09月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 
ウェブ集客の突破口ブログ

ウェブ集客の突破口ブログ

専門店が今実践すべきウェブ集客の突破口“Blue Sky Method”を紹介していきます。実際のお店のウェブ運用に役立てていただければ幸いです。

ウェブ運用でよくある3つの質問  [2018年04月20日]

 

みなさまこんにちは、

三澤です。このウェブ突破口ブログでははじめての

投稿となります。

 

 

今日は、ウェブに関して多い相談事ベスト3について

書いてみたいと思います。

 

 

 よくある質問1

①作ったはいいけど、成果が出ていない。

 どうしたらいいですか?

 

 よくある質問2 

②チラシが効かなくなった、本格的にウェブに取り組みたい。

 どうしたらいいですか?

 

 よくある質問3

③SNSってどうなんですか?

 

この3つがとても多いです。

 

…………………………………………………………

①作ったはいいけど、成果が出ていない。

 どうしたらいいですか?

…………………………………………………………

についてです。

 

 

目的を明確にして、ターゲットを明確にして制作したサイトであれば、

結論は「きちんと運用していないから」という答えになるのではないでしょうか?

 

よく言われることですが、サイトをつくったからって成果は出ません。

リアルの店でもそうですが、毎日掃除をしてきれいにすると思います。

人だって、販売の仕方が悪かったら改善するし、成長もしていくと思います。

 

 

同じように、ウェブサイトでも運用という「改善」が必要になります。

改善の計画を立てるには、一度、サイトの分析から始めないと目先や小手先の

施策になってしまい結局、改善が無駄になると思いますので、まずは分析をすることを
提案をしております。もちろん、分析は当社にて代行いたします。

 




グーグルアナリティクスを見て、分析して、改善策を見出します。

数字が一番の課題とポイントを教えてくれます。

 

一番成果が出ないのは、以前に友人や知人に任せてサイトをつくった場合です。

会社案内型のサイトになっていたら、成果を出すことは大変難しいと思います。

 

自分の商売のこと、業界のこと、ユーザーのことがわからない人が

つくると、ミスマッチングなサイトになってしまうことがあります。

 

 

結局、最初は格安でコストがかからないと思っていても結局あとあと大きなコストが

かかってしまうものです。

 

 

 

 

続いての質問です。

 

…………………………………………………………

②チラシが効かなくなった、本格的にウェブに取り組みたい。

 どうしたらいいですか?

…………………………………………………………

この質問の意図は、将来を見据えて出た質問か、目先のとりあえずの考えで

出た質問かによって変わってくると思います。

 

確かに、近年チラシの効果は薄れてきていると思います。

だって、新聞購読率が減っているわけですから、公表されている新聞購読数が

本当にそうなのか?と思ってしまっているほどです。

今までのように、チラシに格安な商品をのせて、安さだけ、品揃えだけを

打ち出すチラシの効果は今の消費者には受け入れられにくくなっているのでは

ないでしょうか?

品揃えと価格で訴求してきた店のチラシ効果は本当に減っています。

 

ただし、ターゲットを絞り込む、商品を絞り込み、テーマを絞り込んだ

チラシにしたり、売るというよりも店を売るテーマで短期集中型のチラシでなく

読んでいただき、とっておいてもらうチラシにすると、

継続的に質の良いお客様が来店するということもよくあります。

 

 

本格的にウェブに取り組みたい!と言われたときに

よく確認させていただくことは、「何のために?」「何を成果とするか?」です。

 

 

 

ここがなく進めると、失敗します。

ネットショップを立ち上げて商品を売りたいのか?

(後発組で成果を出すのは大変ですよ)

 

店の知名度をあげたいのか?

→ この目的をあげる方がよくいらっしゃいますが、知名度をあげるならウェブではないと思います。

 

新規客を取りたいのか?

→ 多くの店はここではないでしょうか?

 

 

新規客を具体的に、どのような商品やサービスを必要としているのか?

を徹底して考えることをおすすめします。

 

そこを熟考すると、狙いたい新規客が必要なコンテンツやサービスのヒントが

出て店の大きな価値にかわることもあります。

 

 

不思議なものですが、ウェブサイトを立ち上げる際には

自分を見直し、会社を見つめ直し素晴らしい機会となります。

 

■自社の強みを見つめ直しします。(商品、サービス、知名度、人力など)

■自分が得意なことを見つめ直します。(1時間語れることをコンテンツで表現する)

■出会いたい新規客のイメージを具体化する(ペルソナの設定)

■こうしたいと思う、好きな他のウェブサイトを何個か探す(真似、参考にするのが近道)

 

まずはこの4つを考えることをおすすめします。

 

わからなければ、お気軽にご相談ください。

 

 

最後の質問です。

…………………………………………………………

③SNSってどうなんですか?

…………………………………………………………

 

どうなんですか?っていう質問には、とても答えにくいですよね笑

その質問の行間にある思いが見えにくいから。

 

何のために?がやはり大事です。

 

前提として、SNSを頑張っても直接的な売り上げにはつながりにくいと

いうことをご理解ください。

 

 

自分と相手との関係性づくり、自分のキャラや強みを発揮する情報発進として

なら大いに活用すべきだと思います。

 

 

活用すると、ベースができて、結果として、来店につながったり、口コミにつながったり

売り上げにつながったりもします。

 

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどたくさんありますもんね。

様々なメディアによって、人の属性が違いますので活用できる人がいればどんどん

活用することをおすすめします。

 

メディアを通して、関係性ができれば、物が勝手に動いていきますので(^▽^)/

 

 

各メディアでも目的と運用のテーマを決めていくと、長期目線では大きな

ストアブランド化につながるとっても大切なメディアになってきます。

 

 登録は下記の友達追加ボタンをタップ!

質問などもLINE@からお送りください。

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
Posted at 23:35