PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2018年05月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 
ウェブ集客の突破口ブログ

ウェブ集客の突破口ブログ

専門店が今実践すべきウェブ集客の突破口“Blue Sky Method”を紹介していきます。実際のお店のウェブ運用に役立てていただければ幸いです。

「SNSを活用した採用活動」  [2018年05月02日]

こんにちは、PR現代の佐藤省二です。

PR現代の総務部門を担当しています。

 

私も「ウエブ集客の突破口」ブログを書くことになりました。

時代は変わったな~としみじみ思う今日この頃です。(汗)

とはいえ少しでも皆さまのお役に立てるようがんばります!

 

 

今回のテーマは「SNSを活用した採用活動」とさせていただきました。

その中でも「新卒採用」について考えてみました。

 

私も長年採用活動を担当してきましたが、

採用方法がこの12年で大きく変わったと実感しています。

 

今まで採用活動方法といえば

  1. ①学校求人
  2. ②ハローワーク
  3. ③紙媒体(求人広告誌)
  4. ④人材紹介
  5. ⑤人材派遣
  6. ⑥ウェブ媒体(求人サイト)

 

以上6つが代表的でした。

上記に加えて、他社からの紹介や縁故などもありますね。

 

それぞれメリット、デメリットがありますが、特に今まで中心を占めていた

学校求人やハローワーク、情報誌などは応募数自体が確実に減少してきています。

 

とはいえ、もちろん地域差もあるかと思いますし、

地域の学校と連携し採用を続けているお客さまもいらっしゃいます。

が、前号ブログでも大下直子が紹介していたとおり、

最近の高校生から大学生くらいまでの女性はテレビも雑誌も見ずに

ほとんどの情報をスマホ経由で得るそうです。

 

 

実は私もそれを実感しております。

現在大学生の息子は、上記の女性たちとまったく同じ行動パターンなのです。

テレビを見ることもほとんどなく、

スマホ無しでは生きられないような生活を送っています。

 

SNSでさまざまな情報収集を行い、買い物、調べ物、動画、音楽と

四六時中スマホを触っています。

 

アプリも数多く持っているのも若者の特徴で、もちろんInstagram(インスタグラム)、

Twitter(ツィッター)での情報発信も頻繁に行っているようです。

 

先日、就職活動はどういう方法(情報源は?)で行うの?と息子に聞いたところ、

スマホを指さし「全部これで」との回答でした。

 

話を聞けば聞くほど私たちが思っていた以上に1020代の人たちにはスマホ活用が当たり前の世界であることに納得しました。

 

そこで、改めてスマホの普及率を調べてみたところ、2016年で10代が81.4%

20代では94.2%の保持率ということです。

 

しかも、保有状況では2010年の調査開始から6年間で7.4倍と

凄まじい勢いで増え続けています。

 

図表1-1-1-2 スマートフォン個人保有率の推移

 

総務省平成29年版 情報通信白書より抜粋

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc111110.html

 

 

以上を踏まえた上で、今後の採用活動って

一体どうしていくのがベストでしょうか。皆さんはどのように考えますか?

 

現在、ネット上にはさまざまな就活サイトあふれています。

その中でも著名なのは大手企業による就活サイトですが、

中小企業には採用コストも安くはなく、12名の採用を考えると

高いリスクを感じます。

 

そこで、今までとおり無料媒体(学校求人、ハローワーク)は引き続き行い、

新規にSNSを活用した採用活動をミックスする方法を提案します。

 

流行のSNSを活用するからといって、

応募率が上がると決まったわけではありませんが、Facebook(フェイスブック)や

Twitterを活用すれば、学生データを絞り込んで直接アプローチができるのが大きな強みです。

 

SNSを通じてお互いに情報を持ち合うことで

ミスマッチも少ないといわれています。

でも、これはすでに数多くの大手企業が行っている手法です。

 

 

私たち中小企業、特に弊社と取引の多い小売店さまは情報発信することが大事だと

強く感じます。

店の雰囲気、業界情報などを発信し続けること、FacebookTwitterInstagramを「お客さまづくり」以外にも有効活用できます。

 

特にビジュアルで伝えることに特化したInstagramで情報発信し、

会社HPをリンクしていくことは有効な方法です。

 

美しい商品で女性の「美」を追求するきもの専門店、

ジュエリー専門店は他の企業に比べて訴求力も極めて大きいと思います。

 

何よりも働く喜び、自分たちの仕事のすばらしさを伝えていくことが

地元で評判を呼び、優良企業として認知される。

 

この好循環ってすばらしいと思いませんか!

 

きもの専門店でSNSを活用していれば、振袖対象客、購入者との接点もありますので、活用しない手はありません。

 

自社で採用活動を行っていれば、さまざまなアプローチが可能です。

すでに同様の方法で成果を出されている専門店もあります。

 

それほど堅苦しく考えず、楽しみながら楽しさを伝えていくことができれば、共感を呼び学生からのアプローチも増えていくと思います。

 

ブログやTwitterは書くのが大変との声を多く聞きますが、

Instagramなら気兼ねなく簡単に投稿できるのが大きいですよね。

 

先日行った弊社「ウェボリューションセミナー」でもSNSを活用した成功事例、活用方法の発表には参加者の皆さまも興味津々でした。

 

まだまだ活用はこれから!の小売店さまも多いのが現状です。

ですから今更遅いなんてことは全然ありません。

 

弊社でもInstagramの活用支援はウェブメニューでも紹介しています。

弊社からご提案できるウェブメニュー

詳しくはこちら

参考にしてください。

 

採用活動、人材育成は企業の大きな課題です。

積極的に取り組んでよい人材を採用していきましょう!

 

 

 

 

 

Posted at 14:04