PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2018年09月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 
ウェブ集客の突破口ブログ

ウェブ集客の突破口ブログ

専門店が今実践すべきウェブ集客の突破口“Blue Sky Method”を紹介していきます。実際のお店のウェブ運用に役立てていただければ幸いです。

成果を出すにはマーケティングを知っている人をディレクターに  [2018年06月27日]

こんにちは、PR現代の三澤です。

最近は、リアル店舗のウェブに関する
お手伝いが増えてきました。

中身はというと、ウェブサイトの診断や
コンテンツ制作、記事更新の代行、そして
ウェブの新規制作やリニューアルの際の
ディレクションなど仕事も幅広くなってきています。


私どもがお手伝いしている業界(宝石やきものなどの高額品、
高付加価値品の業界)では、ウェブサイトを活用して成果を出すために、
多くのウェブ会社さんとパートナーを組んで仕事をしてきました。


しかし、飲食や化粧品、アパレルなどでうまくいった事例であっても
高額品、高付加価値品の業界ではなかなか成果を出すことが難しく、
苦戦をしてきました。


しかし、高額品、高付加価値品の業界で成果を出すウェブ研究
2007年より行なってきて、多くのノウハウが蓄積されてきました。


実は、ウェブを知っているだけではダメで、
業界と小売業という特別な価値観を理解したマーケティングが
必要なのです。その点で我々、PR現代のような専門業種に特化した
マーケティング会社には、小売業の支援をしていく
存在意義があると自負しています。



近年は、政府もこのIT分野において
中小企業への支援を増やし、ホームページをつくる際の
補助やIT投資への補助などを行なっています。


このようなIT分野の支援をえて自社サイトをつくって
起こったお店さまの事例を紹介していきたいと思います。



これまでウェブサイトを利用してきたものの成果が出ない、
そんな失敗を繰り返さないための参考になさってください。



先日、こんな方に会いました。

自社のウェブサイトをつくる際に、あるコンサルタントさんに
紹介いただいたウェブ制作会社さんを通して自社のサイトを
制作したそうです。その方がもともとウェブのリテラシー(活用する能力)が
高くないために、どんなサイトになったのかなと気になってサイトをのぞきました。



すると、驚いたことに、表側の見た目はうまくできていても、
裏側の構造が手抜き工事の状態でした。



グーグルのアナリティクス(グーグルが提供している無料の分析ツール)の
タグが埋め込まれていなかった。

また、サイトのタイトルなどのテキストが一切入っていない。
メタキーワードも何も入っていない。


診断をした後、
「地元のウェブ制作会社でつくったということですが、
制作費はお値打ち価格だったのですか?」と聞くと、
返ってきた答えはそうではなく、
予想以上の金額がかかっているようでした。



よくある住宅リフォームの手抜き工事やだまされるパターンと同じです。



 

もちろん、このお店さまには、やり直しの部分と追加で
作業するべき部分のご提案をしました。

こういう事例は、氷山の一角ですが、業者さんはきちんと
表側はつくり込んでいるので詐欺でもなければ、
依頼者がだまされたわけでもありません。



ここで申し上げたいのは、依頼する方も、
きちんと勉強をしないと足元を見られてしまうということです。
制作費が安すぎたり、値引きによって、まるで手抜き工事による
欠陥住宅をつかまされるようなことと同じになるかもしれません。
(コストを合わせるために、通常必要な過程を省くような場合もあります)





地元での人間のつながりもあり、

どうしても地元の方にお願いする、

または知人、友人にお願いせざるを

得ないということも多々あると思います。



しかし、今後のために、

ぜひ覚えておいていただきたいのは、

知識があり、技術を持っている、かつ

貴社の業種の内容もわかっている

「ウェブディレクター」を依頼者(貴社)と

制作者の間に立てる!ということです。


多くの店が、このディレクターという

サポート役を立てずに、地元や友人知人と

ウェブサイトをつくってしまったために、

成果が出ず、結局つくり直すということが

本当に多いです。



今から、ウェブの勉強を一から始めるのは

大変ですので、自分の業界のことを

よく知っている会社、そしてマーケティングを

よく知っている会社にディレクションを頼み

制作することをお勧めします。

 

登録は下記の友達追加ボタンをタップ!
質問などもLINE@からお送りください。

友だち追加

Posted at 09:38