PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2018年08月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 
ウェブ集客の突破口ブログ

ウェブ集客の突破口ブログ

専門店が今実践すべきウェブ集客の突破口“Blue Sky Method”を紹介していきます。実際のお店のウェブ運用に役立てていただければ幸いです。

SNSの活用方法を見極めよう。  [2018年07月25日]
こんにちは! PR現代の神山です。連日災害レベルの暑さで夏バテぎみですがみなさまいかがお過ごしでしょうか。
 
最近のSNSの普及のせいか、お店でもSNSの話題が以前にも増して出てくるようになりました。
 
・インスタグラムを使ってフォロワーを増やしたい
・LINE@を使って集客したい
・少額のfacebook広告を使って集客したい 
 
など。
 
 
確かにSNSを有効に活用すると、「いいね」や「フォロー」してくれたユーザーの友達や知り合いに情報が拡散するので、多くの人に、情報や写真を知ってもらいたいというときに非常に便利です。しかし、ちょっとここで立ち止まって考えたいのが、ウェブ経由で見込客を集客しようとしたとき、SNSが果たしてどれだけ有効なのかということです。
 
ウェブサイトにユーザーが訪れるルートとしては、次の4つがあります。
 
1:オーガニックサーチ(GoogleやYahoo!で検索してサイトにくるルート)
2:ダイレクト
 (紙媒体に記載してあるQRコードやブックマーク、ブラウザのトップページのサムネイルなどから来るルート)
3:リファラル(他サイトからのリンクで来るルート)
4:ソーシャル(SNS経由でサイトへ来るルート)
 
上記のようなSNS経由のユーザー来訪は「ソーシャル」に分類されるわけです。
 
 
さて、では専門店のウェブサイトは上記4つのルートの中でどのルートがもっともユーザーを獲得できているかというと、圧倒的にオーガニックサーチです。そして、二番目はダイレクトです。ほとんどのお店の場合この二つで90%くらいになります。ソーシャルやリファラルは10%、多くても20%程度です。ただし、きもの専門店でも紬などの趣味の着物をメイン商品として展開している場合などはfacebookが有効に機能するため、ソーシャルの比率が高いというケースが稀にあります。それでも30%くらいなので、だいたいはオーガニックサーチとダイレクトがメインルートになるわけです。
 
 
ということは、インスタやLINE@に力を入れても、見込客をたくさん集客することは現時点では難しいといわざるをえません。お店によっては、テレビCMや番組などを利用して上手にプロモーションを行い、そこでLINE@への登録を促すというような連携で見込客をたくさん獲得したというようなケースがありますが、これもレアケースと言えます。
 
 
見込客を効率的効果的に集客するなら、やはり自然検索での集客(オーガニックサーチ)と
紙媒体連動(QRコード)のダイレクトを増やすというのが近道です。
 
 
GoogleやYahoo!の自然検索を増やすには、ユーザーのニーズを捉えた情報発信という作業が必要になります。そしてこれは継続的に記事を更新するという長期的な活動が不可欠なので、短期的に結果を求めるには、ウェブ広告を使うしかありません。
 
 
一方ダイレクトでの集客を図る場合は、紙媒体連動なのでDMやチラシなどにQRコードを掲載し、それを見てもらうよう促すようにすれば、比較的短期で集客を図ることが可能です。ただし、紙媒体を見ることができる人という条件付きにはなります。
 
 
よって、記事更新と紙媒体連動という組み合わせで中長期的にウェブを運用し、集客を図るというのが一番成果に直結する活動ということになります。
 
 
じゃあ、SNSはやる必要がないのか? というと、そうではありません。
やはりSNSならではの効果があるため、活用すべきです。
ただし、その活用目的は、情報拡散とリピーターづくりです。
 
 
LINE@はぜひとも取り組むべきSNSですが、リピーター化のための活用のほうが有効です。
店頭に小物を買いに来たとか、修理、電池交換のお客様など担当者がついて、しっかりとフォローするということがしにくいお客様をLINE@に登録してもらうメリットは大きいです。
 
 
実際、ウェブ運用に携われるスタッフは人数的にも少なく、一人で何役もしなければならないというのが現状です。目的とゴールをしっかり定め、何を優先的に行うかを決めて取り組むべきと思います。
 
 
8月1日(水)に開催いたします、弊社の夏季セミナーでも、
ウェブ集客をしっかりと行い成果を出す事例を紹介いたします。
SNSの活用も行なっていますが、活用目的が明確なので、運用がスムーズです。
 
 
 登録は下記の友達追加ボタンをタップ!

質問などもLINE@からお送りください。

友だち追加

Posted at 08:00