PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
<<  2018年09月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 
ウェブ集客の突破口ブログ

ウェブ集客の突破口ブログ

専門店が今実践すべきウェブ集客の突破口“Blue Sky Method”を紹介していきます。実際のお店のウェブ運用に役立てていただければ幸いです。

実践の大切さを学ぶ  [2018年08月20日]

こんにちは。PR現代の佐藤省二です。

残暑お見舞い申し上げます。

 

暦の上では、待ちに待った秋!ではありますが、お盆を過ぎてようやく

猛暑、酷暑から抜け出したような気がします。

 

皆さんも「WBGT」はご存じだと思いますが、

今年になって大変注目を集めたと言っても過言ではありません。

 

実は「暑さ指数」(WBJT:湿球黒球温度)といいまして、熱中症を予防することを

目的とした指数です。

 

環境省 熱中症予防情報サイトhttp://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php

日本全国の暑さ指数の実況と予測を行っています。

 

私も、この夏はボランティアで関わっている少年サッカーチームの関係で

こちらの「WBGT:暑さ指数」には大変お世話になりました。

 

上記サイトの実況と予測ページには、「子供」ボタンがあり、地表面に近い高さ50センチを想定して指数を表示しています。

大人とくらべると地表面に近い分、指数も高くなります。

 

運動に関する指針も出ています。

 

 

サッカー関係では日本サッカー協会が「熱中症対策ガイドライン」を出していまして

WBGT=31℃以上となる時刻に試合を始めない等々が定められています。

 

しかし、これほど危険を感じたのは今年が初めてです。

このままでは、子供たちが外で遊ぶことすらできなくなってしまうのでは、と心配してしまいます。

 

さて、8月18日、19日と、一般社団法人「実践人の家」全国研修大会に参加してきました。

弊社では25年以上にわたり、森信三先生が提唱した「全一学」に全社員で取り組んでいます。

 

「実践人」とは

1.出逢いの不思議に感謝し、ともに手をつなぎましょう。

2.師友に学び、自己を深め、磨きましょう。

3.「人生二度無し」の心理に目覚め、日々の実践を重ねましょう。

こうした願いに生きる人たちです。

「あすこそは」運動も、ここから始まったものです。

 

私は今年で4回目の参加です。

日々の実践から学び、成長していく。

書くのは簡単ですが、なかなか難しく感じることもあり、全国研修大会に参加するたびに、自己の甘さ、弱さを痛感し、身が引き締まる思いとなります。

 

毎回、よし!と基本を思い起こし、「立腰」(りつよう)から再スタートとなるわけですが、この「立腰」は初めて自分の中で毎日意識をし、通勤の電車や会社で実践することができたと思います。

なかなか目に見えるような効果は出ていませんが。(汗)

 

 

立腰 森信三先生が提唱された、腰骨(こしぼね)をいつも立てて曲げないようにすることにより、自己の主体性の確立をはじめとした人間形成を実現する、極めて実践的な方法。

 

毎年の研修大会で思うことは、実践なくして成果なしということです。

今回もさまざまな講師の方がお話をしてくれました。

その中でも次のような言葉が印象に残りました。

「土台づくりが第一歩」

「どんな相手とも向き合う」

「自己と向き合う」

「やり続ける=自己変革」

「半円の見にならない」一円融合の反対

「行き詰まることはありがたいこと」

「今、自分ができることをやる」

「実践した人にしか分からない」

「実践をした人は、身体と肚(はら)で次の課題を理解している」

「気持ち、情熱を込めて実践しているか?」

「その行動は現実的か?」

 

どれも、実際に自らが実践されている人、された人の言葉、行いです。

非常に重いですね・・・

 

 

実践を通じて主体性を育てる。

私は、会社内でこの実践学を推進していますが、自分ができていないこと、やっていないことは社員もやりません。

これって万国共通の「あるある」だったりしますね。(汗)

原理原則がいかに大事かをあらためて痛感します。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

ウェボリューションは、アナログとデジタルを融合したマーケティング革新です

 

「ウェボリューション®️」(PR現代の登録商標)は、情報爆発社会の中でも生活者から支持されるための「アナログとデジタルを融合したマーケティング革新」です。

 

具体的には、ウェブ運用データ(アナリティクス・サーチコンソール)とアナログデータ(現場スタッフが日々の営業活動で得るお客さまとの対話や販売結果、勧誘のやりとりなどで得た反応など)を、デジタル化(一元化)し、営業プロセスや顧客コミュニケーション、財務、総務管理などの経営活動を変革、最適化することです。

 

----------------------------------------------------------------------

 

 

「ウェボリューションⓇ」はウェブだけでなく、さまざまな経営活動の変革、最適化を意味します。

 

日々の実践から、すべての社員がイキイキと働き、一人ひとりが責任を持って役割を全うする。

ウェブでも、何でも、必要不可欠なこと。

仕事をする上での基本です。

 

人育てはまず自分から!と強く感じた夏でした。

これからも自分の実践から一歩ずつ進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
Posted at 17:14