PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 
トップ > ニュース
[ 一覧 | 前のニュース | 次のニュース ]

ウェブサイトと広告媒体の素敵な関係づくりを!

[2017年12月02日]
 
■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□
 
専門店ならではの情報と
高感度なライフスタイル提案で、特別な「体験」を提供しよう
 
■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□
 
 
こんにちは。PR現代の佐藤静子です。
 
突然ですが、
先日、私の生活が一変しました。
というのも、ある商品を購入したことによって
慢性化していた悩みが解決したからです。
 
 
その「ある商品」とは、「マットレスと枕」です。
 
 
恥ずかしい話ですが
以前は朝起きると首から背中が痛くて
起きた瞬間から疲れているというか、
「寝足りない」感覚が常にありました。
 
 
しかし、自分の身体に合わせて購入した
マットレスと枕を使い出してからは
首や背中の痛みはなくなり、
起きてどこも痛くない幸せをかみしめています!
 
 
以前とくらべて、同じ睡眠時間でも満足度が違うので、
生活全体が改善したといっても過言ではありません。
 
 
正直、
「世の中には良い寝具があって、それを使えば快適に眠れるらしい」
ということは知識として知っていましたが、
高額なこともあって「自分には関係ない」と
実際に購入することは全く考えていませんでした。
 
 
それがなぜ購入に至ったのか?
 
 
それは日々の生活のなかで、課題(悩み)に対する意識が
さまざまな媒体によって高まり、
ウェブサイトで来店予約をしたことにはじまります。
 
 
テレビや雑誌、新聞の「睡眠負債」特集。
良い商品を提案するウェブサイトやチラシ、カタログ。
ツイッターやインスタグラムなどで展開される
「穏やかですてきな」インテリアや暮らしのイメージ。
そして、テレビで紹介されていた
「眠りに関する相談」ができるショップ。
 
 
さまざまな情報に意識が喚起され
ショップのウェブサイトで来店予約をし、実際にそのショップに行き、
店頭で思っていた以上の「体験」ができ、購入しました。
 
 
その体験のポイントは
 
1:専門店にしかできない、信頼できる情報の提供
 現在の状況をじっくりヒアリングしながら的確なアドバイス。
 商品を実際に使っての体験で「これが自分にぴったり」と納得すると
 商品を使うイメージが身近なものになり、購買意欲が芽生える。
 
 
2:スタッフの親切丁寧な対応
 押し付けがましくない、「私のためにしてくれる」提案。
 商品以外のことでも楽しい雰囲気で会話ができる。
 
 
3:五感で感じられる「すてきな」店舗空間
 アロマの香りや心地よい音楽、統一されたインテリア。
 その中で商品が引き立ち、「自分の生活にも取り入れたい」欲求が高まる。
 
 
「自分には関係ない」から「大満足のお気に入り」になるプロセスは
宝飾・きもの専門店にとっても同じことがいえます。
 
 
さまざまなメディア媒体を駆使した情報発信サイクルでは
購入を検討するための有益な情報源となる
「すてきなイメージを伝えて商品スペックも確認できる」ウェブサイトと、
サイトイメージと連動した広告媒体の存在が大切です。
 
 
「モノ」より「コト」重視の消費スタイルの変化が
高額商品を扱う小売店にとって大きな課題になっています。
 
 
情報発信サイクルやウェブサイトの構築・運営について
貴店に合った方法をご提案・アドバイスいたします。
ご希望の方はPR現代までご連絡ください。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■発行:株式会社 PR現代
東京都中央区日本橋小舟町9-4 イトーピア日本橋小舟町ビル4F
電話 03-3639-1253  FAX 03-3639-1250
【オフィシャルホームページ】 http://pr-g.jp/
【ヒルズ / ヒルズグラス ホームページ】 http://www.em-ring.com
【花sakuオンライン】http://sakuracom.net
【PR現代 Facebookページ】https://www.facebook.com/prgendai/