PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 
トップ > ニュース

真珠チラシを継続するお店の考え方と効果とは?

[2018年02月13日]
 
■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□
 
継続は力なり!
真珠チラシを継続するお店の考え方と効果とは?
 
■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□
 
 
みなさんこんにちは、越地です。
今回は、「チラシの効果が薄れている」といわれる昨今、
「真珠チラシ」(PR現代企画)を3年以上継続してくださっている
北海道のお店の情報をお伝えします。(Q&A方式でご紹介)
 
 
Q:毎年、年に2回、「真珠チラシ」を折り込みしている理由を教えてください
A:もともと当店は真珠に強いタイプの店ですが、
  それをさらに強化するために、チラシを活用しています。
  2月下旬に1回、また6月または年末に1回、それぞれ約3万部を折り込んでいます。
 
 
Q:メーカーチラシは利用されていますか?
A:以前は利用していたのですが、メーカー主導の商品では
  店らしさが出にくいのでイメージが合わない難しさを感じ、最近は利用していません。
 
 
Q:ここ数回は、単品特化型のチラシではなく掲載商品点数の多いタイプのチラシを
      折り込んでいます。反応はいかがですか?
A:掲載商品点数の多いタイプのチラシは4回、折り込みました。
  B3サイズはインパクトもあり、反応がありました。
  また毎回、顧客にもDMとしてチラシを発送し、電話でアプーチをしています。
  地元の情報誌への広告掲載と組み合わせたときは、400万円以上の実績がありました。
  しかし昨年の11月は、あまり反応がよくありませんでした。
  折り込み日や催事をスタートする曜日を変えたことも反省点として挙げられますが、
  安価な商品を多数紹介するより定番商品をきちんと紹介する方が
  当店にあっているのかなと思いました。
 
  今回は、2月、3月の2回に分け、部数は少し減らしますが
  エリアを変えて単品訴求型の真珠チラシを折り込みます。
  初の取り組みなので反応が楽しみです。
  
  
Q:チラシを折り込んだ際の課題について教えてください。
A:一言で言えば、チラシのお客さまをいかにリピーターにできるかです。
  真珠チラシで来店されるお客さまは、宝石が好きというより冠婚葬祭等の
  必需品としての「お道具」として購入される方々です。
  新規のお客さまには、催事のご案内やお礼状を送るなどのコミュニケーションを
  とっていますが、なかなか次の来店に結びつかないのが現状です。
 
  しかし、認知度を上げる、新規客リストを収集できることは、
  チラシの最大の利点ですので、今後も定期的にチラシは折り込みしてい 
  きます。(予算があれば、時計や真珠以外のジュエリーのチラシも検討したいです)
 
 
Q:最後に「真珠チラシ」(PR現代企画)に興味をもたれた理由を教えてください
A:メッセージ性があり、他との差別化が図れると感じたからです。
  経費を考えて自社でチラシ制作をしてみたのですが、
  原稿作成やレイアウト、写真撮影など、結構な手間がかかりました。
  専門家と組んだ方が安心で時間的な面を考えると経済的だと思います。
 
 
 このお店では、折り込みチラシだけに頼らず、  
 催事前から、店頭での告知訴求やDM発送、お電話など、
 スタッフが一丸となりチラシを活かした催事づくりに取り組んでいます。
 
 
「チラシが効かない」のではなく、「効かせる」ための取り組みが、
 本当に大切なのだと、あらためて感じました。
 今年もぜひ成果を出していただけたらと願っています。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
真珠フェアや春のリフォームフェアの季節がやってきました。
PR現代では各種折り込みチラシや企画サポートなど、
小売店さまのお役にたてるご提案を行なっています。
どうぞお気軽にご相談ください。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■発行:株式会社 PR現代
東京都中央区日本橋小舟町9-4 イトーピア日本橋小舟町ビル4F
電話 03-3639-1253  FAX 03-3639-1250
【オフィシャルホームページ】 http://pr-g.jp/
【ヒルズ / ヒルズグラス ホームページ】 http://www.em-ring.com
【花sakuオンライン】http://sakuracom.net
【PR現代 Facebookページ】https://www.facebook.com/prgendai/