PR現代は東京 日本橋にある、専門店マーケティングの研究・実践集団です。広告・ウェブ・編集制作を生活者起点で企画し、貴社の顧客創造、ブランディングをサポートします。

東京 日本橋にある、広告、ウェブ、編集、専門店マーケティング、ブランディングの会社です。 特にきもの・ジュエリー・時計・メガネ・寝具などの小売現場から学んだ 成功事例と、50年の歳月を経て生み出してきたコンテンツで あなたの会社の顧客創造をご支援します。

資料請求・お問い合わせはこちら
ウェブ診断
和道経営の会
ジュエラーズマインドグループ
PR現代代表取締役 下島 仁のブログです。
PR現代スタッフブログ
PR現代ブレーンのブログ
花saku
 
トップ > ニュース

ジュエリー専門店のホームページで成果を出しているお店のポイントは?

[2018年04月04日]

こんにちは、PR現代 代表・マーケティングディレクターの下島です。

当社サイトの人気コーナー「ウェブ集客の突破口」ブログ 。

 

今月から、私はじめ、弊社の役員が週替わりで担当し、

文字通り、ウェブ集客の突破口となるような情報や、ウェボリューション®︎で成果をあげている

事例情報・関連情報などを紹介してまいります。

 

私からは、ウェブでの集客、お客様づくり、ストアブランディングに関する情報を、

これまで、わたしのブログで紹介してきたテーマも含め、これは大切だと感じている

項目については、あらためて再編集し紹介してまいりますので、

どうぞお付き合いください。

 

 

最近、お客さまから多いご質問に次のようなものがあります。

 

「ジュエリー店のホームページで著しい成果は難しいのでしょうか?」

 

実は、皆さんもお感じになってるかもしれませんが

時計やきもの、振袖とちがって

とても難しいのがジュエリー店のホームページなのです。

 

アクセサリーと違い、ジュエリーは実物を直に見て確かめてからの購入が多く

中価格以上の商品でECでの成果を高めるのもたいへんです。

 

しかもアクセサリー・カジュアルジュエリー分野は

さまざまなECサイト、ECショップでの競合も多く

かなりの資本投資と人的労力をかけないと

なかなか成果につながらないというのが実情です。

 

多くの宝飾店では、ジュエリーだけではなく、時計やメガネも取り扱っているお店が多いのですが、

時計との複合店との場合は、時計への反応が圧倒的に高いのが現実です。

 

しかし、そんな状況のなかでも

成果を出しているお店に共通する三大特徴があります。

 

それは、

1:リフォーム&オーダー特化型ホームページ

2:ブライダル特化型ホームページ

3:修理、リペア特化型ホームページ

です。

 

言われてみれば当然かもしれません、

しかしこの3つの特化型サイトの中でも熾烈な競争が行われているのです。

 

 

ポイントは、独自の価値をいかに創り出すかが大切!

 

3Rにしても、ブライダルにしても、ダイヤモンド、ルビー、ほか稀少宝石にしても

お店のホームページに求められるのは独自性です。

 

それを強化するためには、

○尖り(とんがり)インパクト明確法

○体験感動ドラマ法

○キャラクター突出法

などいくつかの手法がありますが、共通して大事なのは「USP」を明確にすることです。

 

USP(Unique Selling Proposition)は、

「独自性」あるいは「独創的な特徴」を意味する和製マーケティング用語です。

 「独自の特徴」を簡潔にあらわす、コンセプトフレーズとも言えます。

 

ではどうしたら、USP(独自性)を発揮し、そして成果がでるようになるのでしょう?

 

そのための施策を弊社では「ブルースカイ メソッド」のネーミングで

5つの具体策をご提案しています。

 

1.スマートフォンの最適化

2.ホワイトハットSEO

3.入力フォームの最適化

4.成果が出るランディングページ

5.動画活用

 

自社のUSPを、ブルースカイメソッドを用いて

拡散、発信していきましょう。

 

「ブルースカイ メソッド」の詳細はこちらからご覧ください。

 

詳しくは、また今後のブログでまとめていきたいと思います。