5Gサービス、3月27日スタート。今我々がすべきことは?

ドコモ、auに先駆けて、
ソフトバンクが3月27日に
5Gサービスを開始すると
発表しました。

いよいよ、やってきた
という感じですね。

今回ソフトバンクが
発表した内容ですが、

現在契約しているプランに
月額1,000円をプラスすることで
5Gを利用できるというものでした。

さらに、
「5G無料キャンペーン」を
2020年の8月31日まで実施し、
この期間中に5Gの契約を
行った場合は、「5G基本料」を
2年間無料で利用できるという
特典がついていました。

例えば、
「メリハリプラン」=月50G+動画サービスと
SNSのカウントフリーのデータ通信で
月額7,480円。

段階制料金プラン「ミニフィット」
の場合は1GBまでなら月額3,980円、
2Gまでなら月額5,980円など

また、5Gの特徴・強みを生かした
コンテンツ「5G LAB」という
サービスも提供されるそうです。

ARとかVR、マルチアングル視聴という
次世代のテクノロジーを
十二分に体感できるというもの。

ライブやスポーツなどを
多視点で見ることができるので、
臨場感にあふれた視聴体験ができそうです。

5Gサービスが普及することで
我々のビジネスにも大きな影響が
出そうですが、
この変化を前に、
どんな準備をすべきでしょうか。

あちこちで言われていることですが、
動画利用が爆発的に普及する
可能性が高いことから、

動画コンテンツの蓄えを
今からすべきです。

どんな動画を作ればいいのか?

というご質問を多くいただくのですが、

こんなふうに考えていただくと
準備がしやすいと思います。

例えば、秋の催事で
琉球の商品を特集するとした場合、

これまでなら、
商品画像の準備、商品説明会の実施
産地研修をする
などがあると思います。

5G時代に動画を準備するという
スタンスなら、

産地へ行く道中を動画で撮影しておく、
現地での作家との会話を動画撮影しておく
産地研修を受けている様子を動画撮影しておく
DM封入、会場設営などのプロセスを動画撮影しておく

といった具合です。

これまでの準備を点としたら
これからは線として捉え、
それぞれのプロセスを表裏の別なく
動画撮影しておくといいという意味です。

大変な思いをして
設営をしている、
DMの封入をしているという
スタッフさんたちの作業も
動画にすると、

お客様のために懸命に準備している
というプロセスになり、
展示会の価値アップに
つながります。

お手入れとして持ち込まれた
お客様の商品も同様です。

これまではビフォアとアフターの
画像を準備するというのが基本でしたが、

これからは、
お客様が来店した時から撮影できれば、
来店からお手入れの仕上がり、
そしてそれをお召しになるお客様の
着姿までが貴重なネタになります。

生まれ変わったお客様の着物を
初めて目にしたお客様の笑顔は
強力な動画コンテンツになります。

こうした動画素材は、
その時にしか撮影することができません。

そして、その時には大した
ことではないと思っていた
一人ひとりの動作や作業も
撮影さえしておけば、
あとからいくらでも料理することができます。

とにかく、5G時代は、
皆さんの「働く姿」を
可能な限り動画撮影しておく
という習慣づくりが
大切だと思います。

動画編集やYouTubeなどへの
埋め込みは、
覚えさえすればできるように
なりますが、

素材がなければ
何もできません。

ウェブサイトに掲載している
画像の全てを動画に置き換えるとしたら、
どんな動画が必要か?
という問題意識も
これからは常に持っておきたい
ところです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇LINE公式 「PR現代《きもの事業部》」に
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/xKHZwpr

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. 来店予約が急増。短くても、やはり夏休み。

  2. Googleがモバイルファーストインデックスへの強制移行を延期

  3. 動画運用を始めるために

  4. まるでターミネーター!? 嘘のような本当の話

  5. スマホ教室始めませんか?

  6. 豪華なDMが次々と…

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30