Next Webolution|PR現代

マーケティング・イベント 売れる催事販促情報

催事はエンターテイメント<第5回> 成果に直結する「滞留企画」

2018.09.26

「JM G」催事活性化委員会メンバー

(株)おさむら・ベニール 代表取締役社長 長村郁郎

 

 

同時に来店されたら同時に接客できない!

催事に占い鑑定士さんを呼ぶ体験型、フラワーアレンジメントのような制作型など、お客さまに楽しんでもらうために会場内で行うイベント企画。

 

これらには、占い師さんがきているからという、勧誘をしやすくする効果と、お客さまに滞留していただくという二つの効果があります。今回はそんなイベント企画についてのお話しです。

 

「勧誘しやすく」「滞留してもらいやすく」という2つの効果

催事に来場イベントを併催する一つ目の効果は勧誘しやすくなることです。

例えば、お客さまへ電話で勧誘する場合や店頭でお声掛けをする際、「今回通常○○円する整体マッサージを1日限定20名さまに無料で体験していただけますので、是非ご予約してください!」というような場合です。

またこのような方法にプラスして、来場プレゼントをお客さまに選択していただく方法を加味することで、来場数を上げることができるも思います。

 

しかし見落としがちなのが、もうひとつの効果「お客さまに滞留していただく」ということです。

 

占いや耳ツボマッサージなどの体験型イベントを開催すると「何時何分にご予約いたしましょうか……」と来場時間の確認がとれます。ピタリ賞などにより、分散動員をすることもできます。

がしかし、あえて私はピタリ賞などのキッチリとした時間予約をいただくよりも、1時間に3人ぐらいの大まかな時間予約のほうがいいのではないかと考えます。

 

それはその時間どおりに予約したとして、もし万が一お客さまが遅れた場合、時間の短縮をしたり、順番の入れ替えをして、遅れたお客さま以外の方に迷惑がかかり、不平不満を招く恐れがあるからです。

 

時間ぴったりにしないことにより、「今2名さまお待ちですので30分ぐらいお待ちくださいね。その間目の保養でもいかがですか?」と売り場に滞留していただくことができます。

 

この滞留イベントを入れることによって、会場の入口で「今日は時間がないからお土産だけ頂戴!」とか「お店の外に主人が車を停めて待っているから、プレゼントだけ頂戴!!」というのも防げます。

 

この来場イベントには、占いやマッサージなどの体験型、ハーバリウムやポーセラーツポーセリンアートなどの製作型、詰め放題や、すくい取り等のお楽しみ型、手品や音楽の生演奏などの鑑賞型などの4種類があります。(別表参照)

 

体験型の良い点は、一人ひとりのお客さまをより分散動員しやすいため、1日15名~20名程度の催事に向いていると考えられます。色鑑定などの体験と商品がリンクしている場合は、よりその精度が売り上げに直結するといえます。

 

制作型は一度に会場内に制作スペースを確保できれば、複数名の体験が可能となり、店舗内に滞留する人数を多くすることができます。難点として制作型は体験するのに材料費が発生することが多いため、体験型よりも経費が高くなる場合もあります。

 

お楽しみ型の場合、それを目的としてしまうと来場プレゼントと重複しがちになるため、パールやカメオのルースなどのすくい取りやガチャガチャ企画と併用して、枠をつけることによって、売り上げゼロ防止につなげるとベターといえます。

 

鑑賞型では、ホテル催事などの大掛かりなものをイメージしがちですが、あえて自店の店内で、バイオリンやギター演奏、またテーブルマジックなどを1日4回程度接客テーブルの間近で行うと、お客さまからの評判も良いようです。

 

経費率は8%以内

経費的な面から考えると、来場イベントで1日3万円〜5万円ぐらいと考えると3日間で15万円程度の経費がかかります。500万円以上の売り上げ達成なら、この他の経費を加えても経費率は8%以内でおさえることが可能です。

来場イベントによってスタッフはお客さまを集客しやすくなり、お客さまの店内での滞留時間も長くすることができます。目標売上と経費比率の損益分疑点さえクリアできれば、月一催事がよりエンターテイメント化されたものになり満足も高く評判のよい催事になるのではないでしょうか……。

 

 

 

素敵なモノを販売し、素敵なコトを提供する「素敵提案企業」おさむら・ベニール

 

株式会社 おさむら

代表者:代表取締役社長 長村郁郎

設立:1988(昭和63)年6月

事業内容:宝石の輸入、ジュエリーの製造加工、宝飾品・時計・バッグ・きもの等の販売、および企画・卸。

◆ベニール イクト店
〒500-8833岐阜県岐阜市神田町9-1-1 新岐阜イクト2F
TEL(058)267-6223 FAX(058)267-6224

◆アユート(企画卸事業部)

〒500-8833岐阜県岐阜市神田町9-1-1 新岐阜イクト2F

TEL(058)267-6226 FAX(058)201-6226
ホームページ http://osamuragroup.com/

 

 

PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら