Next Webolution|PR現代

NEWS

理念経営に基づき次世代の顧客と経営者づくりを目指す「和道経営の会」

2018.08.01

「和道経営の会」は、地域に密着し、高い専門性を持った呉服専門店のグループです。

新たなるきもの市場の創造と顧客に支持されるネクストショップへの 革新を目指します。

 

◆2018テーマ

「ウェボリューション」で、自社の独自性を強化する!

ウェブ時代に適応した、アナログとデジタルを融合した真に喜ばれる専門店づくりを研究します。

 

<2018年、特徴別の重点研究項目>

ITを活用した経営革新=「ウェボリューション」を通じて、きもの小売業が抱える大きく3つの課題を解決するための研究開発を行なってまいります。 定例研究会だけでなく、テーマに沿った研究MTなどを有志メンバーで行い、現場とリンクした仕組みを研究していきます。

 

1.●振袖名簿の取得困難な時代への適応策「ウェボリューション振袖戦略」

○ウェブによる新規客開拓シナリオの研究開発

○振袖販売後の顧客化シナリオの研究開発

 

2.●「生活文化創造業」への挑戦、研究開発 

○七五三や十三詣り、年中行事、通過儀礼の啓蒙による顧客創造、ポータルサイト

○茶道、華道などのつながりから広げる顧客創造プロモーション開発

 

3●人材の採用・教育・育成

○採用に有利なウェブサイト構築研究

○採用、教育、育成の独自化シナリオの研究、情報提供

 

<ご提供メニュー>

●年2回のセミナー、フォーラムへの優待

●年2回のきもの業界版「ウェボリューションセミナー」への無料招待(4月、10月に開催)

●会員様からのご提案によるグループ研究会の開催サポート

例:和文化創造業態店の研究、次世代型振袖アフターシナリオの研究、

販促情報交換研究、各種ショップクリニック、など。

 

●このほか、PR現代が提供する各種コンテンツをメンバー優待料金でご利用いただけます。

○たんすコンシェルジュ研修

○ウェブ制作&運営システム「パワーシード1・2」の優待料金でのご利用

○ウェブコンサルティングサポート契約の優待料金でのご利用

●和の生活マガジン 月刊『花saku』のお届け

●採用、教育、育成に関する各種情報、ツールのご提供(一部有料)

●ウェブ診断などマーケティングアドバイス、各種ご相談

 

 

和道経営の会 メンバー

(順不動)

(株)高橋屋 (岩手県一関市)

(株)中嶋屋(宮城県栗原市)

(株)丸福織物(美ふく) (福島県福島市)

(株)おしゃれ劇場 (福島県須賀川市)

(株)かみや (福島県いわき市)

(株)佐沼屋 (茨城県龍ヶ崎市)

(株)マエノ (茨城県石岡市)

(株)小川屋 (群馬県前橋市)

(株)丸森 (栃木県栃木市)

(株)みやこや (栃木県足利市)

(株)宇都宮伊澤屋 (栃木県宇都宮市)

(株)トキワヤ呉服店 (千葉県旭市)

(株)嶋屋 (千葉県館山市)

(株)谷屋 (千葉県小見川市)

西川(株)( 東京都八王子市)

(有)きもの専門店まるやま (神奈川県川崎市)

(株)松屋 (神奈川県逗子市)

(株)望 幸 (静岡県富士宮市)

(株)呉服かく勇 (愛知県豊橋市)

(株)ウメショウ (岐阜県瑞穂市)

(株)あおき (富山県富山市)

(株)京ろまん (奈良県奈良市)

(株)丸十 (大阪府東大阪市)

きもの処あだち (大阪府藤井寺市)

(株)きぬや (兵庫県姫路市)

(株)みそや呉服店 (和歌山県橋本市)

(株)しゃらく( 愛媛県新居浜市)

(株)松島呉服店 (徳島県吉野川市)

(株)京生苑 (長崎県長崎市)

 

 

 

 

2018年研究会活動

1/18(木) 「新春フォーラム」

4/25(木)第1回 きもの業界「ウェボリューションセミナー」

8/1(水)PR現代 第52回「夏季セミナー」

10/18(木)第2回 きもの業界「ウェボリューションセミナー」

●会員様からのご要望・ご提案により、グループ研究会の開催、サポート等を随時行なってまいります。

例:和文化創造業態店の研究、次世代型振袖アフターシナリオの研究、販促情報交換研究、 各種ショップクリニック、など。

 

 

和道経営の会 入会概要

会の理念に賛同される 前向きな きもの専門店 (一商圏一社限定) 情報公開を原則とし、1年ごとの自動と更新とします。

会 費 入会金:2万円(初年度のみ)

年会費 12万円

個別業務契約 上記年会費+年間120万円より。

 

<お問い合わせ>

株式会社PR現代〒103-0024
東京都中央区日本橋小舟町9-4 イトーピア日本橋小舟町ビル
TEL:03-3639-1253 FAX:03-3639-1250
http://pr-g.jp/

 

 

 

 

PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら