Next Webolution|PR現代

月刊『花saku』和のマーケティング情報 二十四節気&生活者アンケート

きもの美人が街を往く・2018 霜降(2018/10/23)

二十四節気着物花saku 2018.10.23

10月23日は霜降(そうこう)です。
朝晩がぐっと冷え込み、霜が降りるころのこと。
北から少しずつ、紅葉の便りも届きはじめます。

 

山の葉が色づき始めると紅葉の柄を着たくなりますね。
そこで気になるのが、紅葉柄のきもの、帯、羽織を着るタイミングです。

秋分を過ぎた頃から、少しずつ秋の色柄を取り入れていらっしゃることと思います。
文様については、おしゃれ着ならば、あまり厳密に考えて
お召しになる期間を限定してしまうよりは、
気楽にどんどん楽しんだほうが良いと思います。
基本は、ご自分の体感と好みで着たいときに着たい物を着る! ことです。
ただし、正装、礼装の場合は少し慎重に。

紅葉のきものは、日本のどこかが紅葉している間は気後れなくお召しください。
羽織は、「紅葉から桜まで」と言われます。これからが羽織のおしゃれが楽しい季節です。
羽織は基本的には脱ぎ着しませんが、ふとした脱ぎ着でチラリと見える羽裏も楽しいですよね。

 

————-
11月 季節に合わせて着たい柄

 

散り紅葉、吹き寄せ、唐草、山茶花(さざんか)、松葉、
菊、松毬(まつかさ)、枯山水、御所解、鶴

————-

 

◎——-◎——-◎——-◎——-◎——-◎——-◎

今月の情報

■和の生活マガジン『花saku』11月号 発売中です!

■『着物手帳2019』発売中です!
■霜降のころのきものあわせ

■平成最後の年賀状の準備をはじめましょう

◎——-◎——-◎——-◎——-◎——-◎——-◎

 

和の生活マガジン『花saku』11月号 発売中です!

 

今月の特集は
「思いを伝える 和の小物に きもの女子の嗜み」

昔から使われてきた和小物は、楽しく便利なものが多いもの。
きもの姿での所作を美しく見せ、
まわりの方への気遣いもスマートに伝えてくれます。

 

プロが伝授する風呂敷、和紙小物、扇子などの使い方の極意を知って
年末年始にむけ、さらなるきもの美人にステップアップしませんか?

 

↓詳しくはこちらから↓

https://global-ssl05.jp/sakuracom.net/e_products/view/00011/00000000577

↓「編集長のブログ」で取材秘話も公開中です!↓
http://sakuracom.net/blogs/view/00208/00000369

 

 

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎  ●

 

『着物手帳2019』発売中です!

 

毎回ご好評いただいている『着物手帳』の2019年版のお知らせです。

 

今回は「型絵染め工房 彩苑」澤田 麻衣子さんとコラボレーションしました。

「型絵染」は芹沢銈介(せりざわけいすけ)氏が創始した技法で、
氏が1956年に人間国宝に認定された時に
その他の型染めの技法と区別するためにその名がつきました。
技術的には紅型と似ていますが、文様の題材を花鳥風月にこだわらず、
自由に表現した図柄が印象的です。
フレッシュさを感じさせてくれる澤田さんの作品は、
平成が終わり、新しい時代の幕開けとなる2019年を
より彩り深いものにしてくれます。

 

『着物手帳2019』
~きものを愛する全ての人へ~
和の生活マガジン『花saku』別冊

 

税込本体価格:1,350円

判型:A6版(パスポートサイズ)

ページ数:212ページ

装丁仕様:4色 / 透明カバー付き

※2019年内はお好みに合わせて

無料で「型絵染め工房 彩苑」の表紙カバーをダウンロードできます。

 

↓詳しくはこちら↓
http://sakuracom.net/menus/index/00223

 

↓こちらからお求めいただけます↓

https://global-ssl05.jp/sakuracom.net/e_products/view/00132/00000000576

 

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎  ●

 

霜降のころのきもの合わせ

 

きもの/袷
帯/経錦、綴織、螺鈿(らでん)、組帯、唐織、佐賀錦などの袋帯

名物裂、刺しゅう、すくい織などの袷帯

長襦袢/袷 半衿/塩瀬、縮緬

帯揚/綸子、絞り、縮緬

 

◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎  ●

平成最後の年賀状の準備を始めましょう

 

11月1日から来年の年賀状の発売が始まります。

来年のお正月は平成で迎える最後の年。

アナログな手書きのハガキは、

書き手の思いをダイレクトに伝えやすく、
メールやLINEのメッセージよりも心に残るものです。

平成最後の年始の便りは、手書きで送りませんか?

 

◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎  ●

結婚式やパーティー、イベントなど、

きものでお出かけしたときは記念撮影をお忘れなく!

撮影した写真は編集部にお送りください。

『花saku』の誌面やウェブサイトでご紹介させていただきます。

 

↓「きもの美人」写真募集中↓

https://global-ssl05.jp/sakuracom.net/inquiry_logs/apply/00024

PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら