Next Webolution|PR現代

月刊『花saku』和のマーケティング情報 二十四節気&生活者アンケート

きもの美人が街を往く・2019 小寒(2019/1/6)

二十四節気着物花saku 2019.01.06

1月6日は小寒(しょうかん)です。

 

小寒から立春(2月4日)までは、

一年で最も寒いといわれる「寒(かん)」または「寒中(かんちゅう)」、

「寒の内(かんのうち)」といわれる時季。
関東地方でも早朝は家の中でも息が白くなるほど冷え込みます。

 

さて、この週末が初釜という方もいらっしゃると思います。
お茶席での必需品といえば「懐紙」です。

お茶席だけでなくあらたまった会食のときなどに、

懐紙を使いこなしている女性を見ると、

その所作の美しさに見ほれてしまいますね。
懐紙には透かし模様や季節の絵柄など、

さまざまな種類がありますが、絵柄ひとつをとっても、
使う人のこだわりやセンスが感じられるものです。

今年は「懐紙」選びにもこだわってみたいものです。

 

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎  ●

 

小寒・大寒のころのきものあわせ

 

きもの/袷
帯/経錦、綴織、螺鈿、唐織、組帯、佐賀錦などの袋帯

塩瀬、縮緬などの染帯 名物裂、刺しゅう、すくい織などの袷帯

長襦袢/袷 半衿/塩瀬、縮緬 帯揚/綸子、絞り、縮緬

 

◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎  ●

 

PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら