Next Webolution|PR現代

さぁ、ウェボリューションへ! ウェブ集客の突破口

呼吸をするようにSNSをやろう!

2018.08.04

(株)PR現代 取締役 大下直子

 

最近は『易経』が、静かなブームとか。
単なる占いとしてではなく、人生の指針となるような書物として支持されているようです。
私も、こんなに簡単に編集(翻訳)してくれて……ありがたく拝読いたしました。古事記にしても論語にしても、最近はとても読みやすく、分かりやすく工夫をされた編集物があって、原文を読むことはとても無理! という私にも読めるのでありがたいことです。夏休みのお子さんにもお勧めいたします。

 

なんとなく、インターネットの普及、SNSの台頭、Amazonの躍進……と、人間のやることはだんだんなくなってきたような錯覚を起こしますが、こんな次代だからこそ、逆に「人間力」の差が大きく出てしまうような気がしてなりません。子どもでも読めるように編集されているのは、子どもたちに地力をつけさせるためでしょうか? 生きる力、強さ、ポジティブなパワーと、アイデア力……「人間力」がますます大切になっているのではないでしょうか。

さて、海や山は夏休みを迎えた家族連れで賑わっているでしょうかますね〜?
海やプールでも熱中症、甲子園でも熱中症、普通に暮らしているだけで熱中症! と連日、熱中症のニュースが止まりません。そんな8月のスタートと同時に灼熱の東京は秋葉原で、PR現代「第53回夏季セミナー」を開催。すさまじい暑さの中、120余名にご来場いただき誠にありがとうございました。

 

 

次号月刊「next」9月号に詳細が編集されておりますのでご購読の皆さまはお楽しみに!
また、下島の問題提起でご紹介をした「ウェボリューション5段階チャート」は、こちらからダウンロードしていただくことができます。ぜひ、自店のウェボリューション5段階チャートの記入をお勧めいたします♪

そして、各講演、分科会などの動画、音声データはこちらからお申し込みいただけます。
どうしても他のご用と重なってしまって、セミナーを断念された方にはこちらがお勧めです。

講演録の種類や選び方を少しご説明いたします。
それぞれの講演のところから、プルダウンで、欲しい「もの」を選べますが、CDとかDVDというのは「物体」です。メディアをお送りします。音声データMP3とか、MP4というのは「データ」ですので、ご自身のパソコンなどにダウンロードしていただくカタチのないものです。ご用途、ご要望によってお選びいただけたら。。。。これから入手できるのは下記の3種類です。

【その1】
下島の問題提起「ウェボリューションⓇ」待ったなし!

独自性のない店は本当に捨てられてしまうのか!?

【その2】
ジュエリー分科会 事例発表
セカンダリー市場の支持を集め躍進する
ジュエリーショップ「アイデクト」成長の秘密

 

【その2】
きもの分科会 事例発表
振袖から家族へと顧客開拓に挑戦する好調店
「谷屋呉服店」の次世代地域戦略とは?

 

上記の3種類は、いずれもお申し込みいただけますが、藤村正宏氏の記念講演「三つのFが価値になる」は、夏季セミナーにご参加いただいた方のライブのみで、音声、映像共に販売することができません。

そこで、このブログで藤村氏の講演の中から、「キーワード」だけをほんの少しご紹介します。セミナーでお聞きになった方は、ぜひ振り返りにご活用ください。

エクスマ(エクスペリエンスマーケティング)の藤村正宏氏といえば、「伝わってますか?」と「物を売るな! 体験を売れ!」ですよね。今回それにもう一つ「メモをとるな写真を撮れ!」を追加していただけますか〜?(笑)

講演が始まると……
あ、メモをとるなんて、時間がもったいないから、写真撮って!
バンバンとってね。
でね、ちょっと注意点があるんですけど……。たまには僕も一緒に撮って!

と、いきなり冒頭のツカミで会場の爆笑をとった同氏。
さすがです(汗)
多分、このへんはnextには載らないと思います(笑)

では、気になったキーワードいきます。
講演をお聞きいただいた方にはビンビン、バンバン伝わるかと思います。

 

○「リアル店舗で撮影禁止」って意味が分からない。

○「スキマ時間」が価値になった。「時間」が一番の価値。

○誰もが世の中に情報発信をすることができることになった(人間の歴史始まって以来のこと)。一般の人でもできて、かつ繋がっている!

○ただ呉服(ジュエリー)を売っている店はなくなる。

○物だけ買うなら、店じゃなくて良い(リアルの店舗の意味は何?)

○誰もが自分が知りたいことにしか興味がない!(店が言いたいことなんて誰も聞きたくない。価値の伝え方。価値の伝え方をもっと勉強しなきゃいけない)

○「視点」

○24時間働け、仕事のように遊び、遊びのように働け! (誰かのためになってお金をもらえる=楽しい! 仕事とプライベートを分けちゃいけない。それが人生)

○大量生産、裁量消費の終焉

○コモディティ化

○物余り

○人口減少、高齢化

○マスメディア衰退

○ビジネス環境の激変

○見ず知らずの人からは買わない

○誰が言っているか? が大事。

○オープン特典は、積極的に来ないお客さまを育てているだけ。

○長い時間サービスをする業態は、スタッフの写真を入れなきゃダメダメ

○買う理由が分からないから買わない。

○リアルの店舗の価値を高める。

○差別化するな? 独自化しろ!

そして、最後に印象に残ったキーワードは……

呼吸のようにSNSをやろう〜\(^O^)/

 

【文・PR現代 大下直子】

 

 

 

PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら