Next Webolution|PR現代

店は人なり、人は店なり 人材採用・育成・定着

年次有給休暇の付与方法の変更が変わります/外国人社員の採用

経営者のための雇用・労務 お役立ち情報/社会保険労務士:藤井真奈美

雇用・労務 2019.01.01

年次有給休暇の付与方法が変わります

年次有給休暇は、原則として、労働者が請求する時季に与えることとされていますが、職場への配慮やためらい等の理由から取得率が低調な現状にあるため、今般、労働基準法の年次有給休暇に関する項目が改正されることとなりました。2019年4月から全ての会社において、年次有給休暇のうち5日については、会社が時季を指定して取得させること(時季指定義務)が必要となります。今月はこの改正のポイントをお知らせしますので、早めの準備で改正に備えましょう。

 

■時季指定義務の対象労働者
年次有給休暇が10日以上付与される労働者(管理監督者を含む)

 

■年次有給休暇の5日を時季指定
労働者ごとに年次有給休暇を付与した日(基準日)から1年以内に5日について、会社が取得時季を指定して与えることが必要(労働者の意見を尊重して取得時季を決定)

 

■年次有給休暇を5日以上取得済みの労働者に対しては、会社による時季指定は不要
労働者が自ら申し出て取得した日数や、労使協定で取得時季を定めて与えた日数(計画的付与)については、5日から控除することができる。

■会社は、労働者ごとに年次有給休暇管理簿を作成し、3年間保存

 

 

詳しい内容はこちらをクリック→

外国人社員を採用したら

日本で外国人を採用する場合は、基本的に日本人を採用する場合と手続きは同じです。ただし、次のように外国人社員特有の届出がありますので注意が必要です。

 

■厚生年金保険
「資格取得届」に「ローマ字氏名届」をあわせて提出することになっています。外国人の配偶者を扶養親族として届出る場合の「国民年金第3号被保険者該当届」にも配偶者の「ローマ字氏名届」が必要です。

 

■雇用保険
資格取得(喪失)届の「備考欄」に「在留資格」「在留期間」「国籍・地域」「資格外活動許可の有無」を記入します。

【プロフィール】

藤井 真奈美

特定社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー 社会保険労務士法人「国際労務パートナーズ」
社会保険労務士 ファイナンシャルプランナー
「大日本インキ化学工業株式会社」(現 DIC株式会社)の総務人事部門で17年半勤務 。 その後、夫の海外転勤に伴い退職してシンガポールに引越し、2年後に帰国。 約2年間の社会保険労務士事務所勤務を経て、2011年11月に藤井社会保険労務士 事務所を設立。2106年3月に事務所を法人化し、社会保険労務士法人 国際労務パートナーズを立ちあげる。

 

国際労務パートナーズ
http://ihrp.jp/
info@ihrp.jp

 

〒107-0052  東京都港区赤坂7-5-6-408
TEL:03-5544-8538
FAX:03-5544-8539

 

詳しくお知りになりたい方は、お近くの労務士事務所か、「国際労務パートナーズ」にお問い合わせください。

PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら