布が好きな人は紙が好き

着物や布が好きな方は、なぜか「紙」も好き!という不思議な共通点があるのをご存じでしょうか?
余り布を箱に入れて大切にとっておく方は、キレイな包み紙やすてきな和紙なども、整理して丁寧にとっておく方が多いのです。スケジュール管理や住所録は、若い世代を中心に圧倒的にデジタル化、クラウド化が急速に進んでいますが、なぜか「手帳」を使う人は女性に多く、電源がなくても、スイッチを入れなくてもいつもすぐに見ることのできるノートや手帳が大好きです。
着物手帳は全国の書店、文房具店などに定価1,350円(税込)で流通しており、よく売れていますが、小さな規模のお店では見つけにくく、特にAmazonなどを自在に使えない中高年層のお客さまは、思いの外、『着物手帳』のプレゼントを喜んでくださいます。

 

 

花sakuサイトからもご購入可能です。
2020techo
秋の催事から初売りまで

持っていないものは何もない!というほど「モノ」に満ち足りている現代社会。おまけに、物流の発展により地元で販売していない珍しいお菓子やフルーツ、食材なども自在にお取り寄せできる時代になりました。催事の確約や勧誘、来場プレゼントやお買い上げプレゼントも、ちょっとやそっとのモノでは驚いてもらえなくなってしまった中で、この手帳はテッパン! スケジュールを書き込めるダイヤリー機能を持ちながら、あちらこちらに着物が好きな女性にとって必要な情報がいっぱいちりばめられています。パラパラめくるたびに着物が好きになる。眺めるたびに着物が着たくなる、不思議な手帳なのです。

社員教育や社員のアンチョコとして

着物や羽織の部位の名称や、寸法のこと、各産地の着物や素材。着物販売には絶対に欠かすことのできない季節の移ろいが分かる二十四節気や、それぞれの季節に着たい文様や取り合わせなど、お客さまとコミュニケーションをとるのに必要なネタがたっぷり掲載されています。シフトや催事のスケジュール、顧客の誕生日や来店予約などを記載して活用しているうちに、どんどん着物の知識が付いていきます。

着付け教室の生徒さんやお稽古事のお弟子さんに

昔は、白生地や反物をお歳暮やお年賀に使った時代もありましたが、今は少し重たい(大げさな)ようです。さりとてハムやお酒や調味料というのもいかにもつまらない! というわけで、『着物手帳』は年末年始の贈答に気軽に、手軽に渡しやすい価格と大きさでありながら、一年中活用できるので贈った方を強く印象づけることができます。着物をお召しになる方はもちろんのこと、これから着てみたいな〜と潜在的に憧れを抱いている人の、着たい気持ちを喚起することができます。

着物は日本の季節と切っても切れない

世界的に共通するグレゴリオ歴で暮らす現代社会。でも、私たちの身体と着物の美は二十四節気、七十二候、六曜、雑節、五節句、旧暦、月の満ち欠け……と、古くからある日本の「暦」と密接に関わっています。ポーンと手を打ちたくなるような納得感。暦と仲良くなることは着物と仲良く暮らすこと。着物ライフが一層楽しくなるので『着物手帳』をお使いの方は、着用回数、頻度が高くなると言うデータがあります。「迷ったら着物で」そんな人が一人でも多くなるといいですね。

着用の記録が楽しい

今度の食事会は何を着ていこうか、どの着物にどの帯を合わせようか? 小物は? と着用前にいろいろと考えたり悩んだり、家族や友だちと相談したり……それもまた「着物の愉しみ」のひとつです。着る前と後が大変だから? と着物離れが進み、洋風化が加速度的に進んでしまった日本でしたが、「面倒くさいことを愉しむ」、「丁寧に暮らす」という風潮がこのところ、少しずつ日本人に戻ってきました。薪ストーブ、かまど、家庭菜園、古民家……文明の進化とともに失われてしまった心を着物ライフをとおして、物質的な豊かさではなく、心の豊かさを取り戻したいと思う人が増えてきました。そんな中、着たものを塗り絵のように楽しく記録できるページが大人気。着る前も、着た後も穏やかに心を満たしてくれるのが着物の醍醐味です。

t4
2020年『着物手帳』の特徴は?

2020年は、世界中からたくさんの人が東京にやってきます。改めて東京が見直されることが予想される中、『着物手帳』は東京の染め、東京の色にこだわりました。表紙と中面のキービジュアルは東京の落合で100年の老舗「二葉苑」さんとコラボレーションしました。二葉苑に眠る「財産」である膨大な数の型紙の中から、季節ごとの文様をセレクト! 一ヵ月ごとに色を変えて染めて貰いました。表紙は注目を浴びている「市松文様」です。市松文様は江戸時代の歌舞伎役者、佐野川市松が舞台で衣装として身につけた袴の柄が元になって市松と呼ばれるようになりました。型染めの市松はきりっとした四角が並んでいながら、どこか温かみのある直線が魅力です。
また、2020年着物手帳では、日本の伝統色や襲の色目を掲載したコーナーに、なんと、「四十八百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)」という江戸の町人達が愛した色……つまり「粋(いき)」と言われる色を選抜して掲載。茶と鼠が着こなせたら一人前!と言われる色にこだわってみたいところです。
「市松模様」や「江戸の色」、「東京」をキーワードにお客さまとのコミュニケーションが盛り上がりそうなうれしい予感。

 

 

花sakuサイトからもご購入可能です。
t5