『着物手帳』2021年版 ご予約受付中!

2021年版の手帳は岡本隆志さんの「型絵染」がモチーフ!

岡本隆志さんさは、染物屋に生まれ、染色工芸家 芹沢銈介(せりざわ けいすけ)氏(民芸運動の始祖の一人で、染色技法「型絵染」を確立した)に弟子入りして以来約60年。芹沢イズムを引き継ぎ、「染めることが生きること」と、真鶴(神奈川県)の海を見渡せる高台の工房で染色を続けています。

鳥や虫、花などの自然に温かな眼差しを向け、太陽や風と共にいきいきと描き出しています。岡本隆志さんの型絵染をキービジュアルとした『着物手帳』をお客さまとのコミュニケーション、話題づくりのきっかけとお使いください。

着物好きのお客さまが、今年も『着物手帳』を待っています!!
秋の催事のプレゼントとして、
一年のお付き合いに感謝を込めて、次の一年も大切にしたいという想いを込めて、
年末年始のごあいさつにお配りください。

※限定発行につき、お早目にご予約ください。

 

 

200624_2020tetyohoshi
40年を超えるベストセラー『着物手帳』

年々人気が上がっている着物手帳。実際のスケジュールはスマホでクラウド管理をする人が増えている中、日本に生まれた喜びを季節の移ろいと共に感じることにできるのが「着物手帳」です。

着物の情報、衣替え、五節句などの季節の行事、季節に着たい色柄などの他、寸法表や産地の情報まで、着物ファンに必要な情報が満載の着物手帳。文庫本サイズなので、自分の好きなカバーを付けて使用することもできます。

着物手帳をバッグに入れている人は着物での外出が増えまたり、さらに着物好きになったりとの声をお寄せいただいています。

 

着たい気持ちを刺激する『着物手帳』を秋の催事の特典や、パーティーのお土産、年末年始のご挨拶などに広くご活用いただいています。
また、まだ寸法や着物の部位の名前などの知識に不安のある新人社員さんなどのアンチョコとしてもご利用ください。

※オリジナルカバー、オリジナル別冊(着物手帳に挟み込み)などもご相談を承っています。

 

着物手帳の活用方法

きものを着たい、でも着る機会が少ない…….。
そんなお客さまの悩みをお店で解決しましょう!
その鍵となるのが『着物手帳』です。

『着物手帳』はお客さま、そしてお店のスタッフさまのモチベーションを格段に上げることができます!

活用方法 一例
・スタッフさまのきもの知識向上に
・着付け教室の生徒さんへのプレゼントに
・年末年始のご挨拶に
・振袖ご成約のお母さまに
・和装小物として販売
・お出かけイベントのお土産に

 

 

着物手帳の内容は?

※クリックすると拡大画像でご確認できます。

暦のページには和のイベント事などの情報が満載です!

 

着物に関する豆知識や着物ライフが楽しくなるページも満載です

2021年版の『着物手帳』には、さらにお役立ちコンテンツをプラスしました!


小売店、お客様からいただいた声にお答えして、例年の手帳に加え、下記のコンテンツを充実させました。
※クリックすると拡大画像でご確認できます。

・きもの、帯、長襦袢、コート、羽織のたたみ方
・体型に合わせた補正
・着物姿での立ち居振る舞い
・着崩れたらどうするの?
・トラベル別きもののお手入れ入門

200625_komatta
200625_tetyohosi2

※限定発行につき、お早目にご予約ください。