ポケトークあやうし!? Googleがまたも新サービス開始

今北海道にいます。
想像以上に寒いです。
地面には残った雪が氷になって、
気を抜いているとずるっとなってしまいます。

わずかな距離を歩いているだけで
なんど転びそうになったことか。

にもかかわらず、地元の人たちは
何事もないように、
普通に、スマホ見ながら歩いていたりします。
自転車に乗って猛スピードで走り抜けていく人もいます。

もはや同じ日本人とは思えないです。

さて、そんな中Googleマップをみようと
スマホを取り出して、
ついついYahoo!ニュースを見てしまったのですが、

12月12日ですから昨日ですね、
Googleが音声認識での翻訳サービスを
開始したというものがありました。

「え? どういうこと?」と
よくよく読んでみると

Androidスマホはもちろんのこと
iPhoneでもGoogleアシスタントのアプリ、
Google翻訳アプリをダウンロードすれば、

無料で44の言語に対応した
翻訳アプリが使えるということでした。

そして、無料です。

Googleの強みである人工知能(AI)の
技術を使って、リアルタイムで翻訳できるので、

万が一、フランス人に何かを話しかけられても
ドイツの方に道を聞かれてももう大丈夫です。

これって明石家さんまさんがCMしてる
ポケトークと同じ機能をただで提供しちゃっている
ということですよね。

実際のところどうなのか、
早速やってみました。

すると、、、

いやあすごい。

早速フランスの人と会話している体で
日本語⇆フランス語でやってみたら、

私が音声で話した日本語を
綺麗なネイティブのフランス語を
女性の声で話してくれました。

これはすごいです。

もうポケトークのような翻訳ツールは
必要なくなりました。

スマホさえあれば、
44の国の方と自在に会話ができます。

逆に、
これがあると、外国語を学ぶ意欲が
失われてしまうかもしれません。

自分で話せれば素敵ですが、
ジョークを交えて会話ができるようになるまでには
かなりの修行が必要です。

でも、これを使えば一瞬。

カーナビが普及したことで
道を積極的に覚えなくなってしまったのと
同じようなことが起こってしまうかもしれません。

しかし、英語が話せても
イタリア語やギリシア語まで話せる人は
少ないでしょうし、
あまり聴き慣れない言葉に
でくわしてしまったら、
これにお願いするしかないですね。

インターネットで世界中の情報を
検索できるようにしたGoogle。

今度は言葉の壁を取り払うことにしたようです。

歩きスマホは危険なので
しばらく立ち止まっていたら

体の芯まで冷えてしまいました。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇LINE公式 「PR現代《きもの事業部》」に
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/xKHZwpr

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. 備えるということ

  2. 対応が難しい時期こそ、お客様視点で

  3. 始まりの年、良いことがたくさん起こる!

  4. ウェブ集客のポテンシャルを信じて

  5. 「いきなりステーキ」一瀬社長のお願いが……。

  6. Yahoo!に続いてGoogleも検索ランキングを発表! 1位は?

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31