ダブルでラッキーな日

vol.254 神山有史

今日は、以前このブログでも取り上げた
一流のトンカツ屋さんの跡地に出来た
海鮮丼屋さんのお話です。

取組先の社長から
お昼を一緒に食べようと
お誘いいただき、
お店へと急ぎました。

どこがいい?と聞かれたのですが、
今日はちょっと肌寒かったので、
大好きなお蕎麦はちょっと厳しいかなと
思い、お任せしますとお答えすると

そういうのが一番困るんだよなと
言われてしまったのですが、

その後、連れていってくださったのが、
海鮮丼屋さんでした。

このお店、ぜいたく丼という
メニューしかありませんでした。

なんという潔さでしょうか。

ぜいたく丼には、
梅・竹・松と三段階あり、

うにやいくらが贅沢に
トッピングされていくにしたがって
竹、松とランクアップしていく仕組みでした。

私は、うにがあまり得意ではないので、
梅をお願いしました。

お店の中に入り、
思い出深いカウンターにすわると、

大将が、なにやらこねこねと
こねています。

え? 海鮮丼だよな?
って思いながら、

先に注文していた他のお客さん用の
海鮮丼の仕上がりを見てびっくり。

ゴマをまぶしたご飯の上に
マグロやエビ、細かく切った野菜、
ウニなどをこねた塊をドーンと乗せ、
その上から、イクラをかけていました。

こんな海鮮丼は見たことがありません。

否が応でも期待感が高まっていきます。

手元には、
食べ方を記したついたてがあり、
どのように食べればいいかが書いてありました。

一応に決まった手順があるのですが、
文末には、

あくまでもオススメのやり方であって、
食べ方は、お客様の自由です。

とありました。

ああ、このお店は、
お客様のスタンスを大切にしてくれるんだなと
思いました。

そういえば、外で並んでいる間に
スタッフの方がお盆にお茶を乗せ
持ってきてくれたっけ。

そんな配慮も、嬉しかった。

さらに、並んでいるとき、
食事に誘ってくれた社長が、

「あ、ラッキー池田さん!」

と言ったのです。
振り返るとそこに、本物のラッキー池田さんが
いました。

なんでも、この商店街で
明日、テレビCMの撮影があるそうで、
今日はその準備やリハーサルの日。

振付師として、ラッキー池田さんが
きていたみたいです。

さて、

海鮮丼ですが、
結論的にとっても美味しかったです。
今まで食べた、海鮮丼とは
全く違う食感で、
初めて食べた!という感激がありました。

さらに、この海鮮丼屋さんは、
ある程度、食べたあと、
残ったご飯に、
特製の出し汁と特製ダレに
ネギと柚子をかけ、
お茶漬けとして楽しませてくれます。

一杯で二度美味しい海鮮丼でした。

味、見た目、そして接客、気遣い。

すべてがさすが一流店と感じるものがありました。
こういうお店で食事ができたことは
とてもラッキーでしたし、
ラッキー池田さんにも会えたので、
ダブルでラッキーな1日でした。

どんな会社のどんなCMになるのか
とっても楽しみです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇LINE公式 「PR現代《きもの事業部》」に
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/xKHZwpr

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. 極寒の卒園式

  2. こんなものまでオンライン!?

  3. まだ不透明な成人式開催と名簿取得

  4. 消費を牽引するのは子供達!?

  5. グーグルが検索結果のルールをまたもや変更、最新情報を優先

  6. 独りで勝手にブログランキング!

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031