消費を牽引するのは子供達!?

毎年、そうなのですが、12月25日は
子供達がとても早起きです。
いつもは寝坊助で、なんど起こしても
なかなか起きないのに、
今日に限っては、6時前には
起き出してきます。
そして、リビングに行き
プレゼントがあるかどうかを
調べるのです。

長男がまずリビングで調べ、
次男と娘に告げるのです。

「届いているよ!」と。

その声を聞いたとたん、
飛び起きて、
リビングへダッシュ。

さて、どういう反応になるか。。。

果たして、

予想していたよりは
喜んでいたので安心しました。

多少の混乱はあるものの
スムーズに学校、保育園へと
行きました。

しかし。

帰ってきてみると、
娘はやっぱり泣きました。

「○○ちゃんは、サンタさんから自転車を
もらったんだって!」と。

一難さってまた一難。

なんとかなだめて寝かしつけるのに
ひと苦労です。

長男と次男は、
フォートナイトという
オンラインゲームを楽しんでいましたが、

操作する自分のキャラクターは、
ライトセーバーを振り回し、
ミレニアムファルコン号を使って
飛び回っていました。

ちょっと前に
子供達が
スターウォーズを夢中になっていたことを
このブログで書きましたが、

なぜ、ここまで夢中になったのか
その理由がわかりました。

それは、このオンラインゲームの影響でした。

フォートナイトは
これまでも色々なものとコラボするのですが、
今は、スターウォーズとコラボ中で、

スターウォーズのキャラクターや
アイテムが使えるようになっていたのです。

フォートナイトは全世界で2億人がプレイしている
という超人気ゲームで
多くの子供達が遊んでおり、
アメリカでは、フォートナイトに夢中になりすぎて
カウンセリングに通う子どもがいるほどだそうです。

このゲームの世界で
よく知らないはずのスターウォーズの
魅力を体験を通して感じ、

テレビ放送で映画を観れば、
もうスターウォーズに夢中です。

そして、帰ってきたお父さんに

「映画に行きたい!」と言うのです。

おそらく多くの子供達が、

フォートナイト→テレビ放映→映画館という
道を辿っていると思います。

我が家でも、映画に行きたい攻撃が
やみません。

昔のようにテレビCMを観て
映画に行くというシナリオではなく、

ゲームの世界で自らがスターウォーズの
魅力を体験し、
そしてテレビやネット、YouTubeでダメ押し
するという流れだろうと思います。

親世代の人は、
よほどのことがない限り、
そんなに何度も映画館に足を運ばない。

感化された子供にせがまれて
映画館に行くのです。

YouTubeでも、
子供向けに配信した動画がミリオン再生され、
そこで紹介されたおもちゃやアイテムが
バカ売れするという構図があります。

消費のきっかけは
子供達から始まるんですね。

親はそんな動きがあることを
全く知らずに、
いつのまにか子供達を虜にされている。
それが今という時代です。

なかなか我々の業界に
転用できませんが、

ゲームやネット、SNS、テレビなど
複数のメディアを組み合わせ、
他方向からお客様を虜にする
組み立ては、もっともっと研究する必要があると
感じます。

子供達をテコに利用するのは、
親として、非常に複雑な心境ではありますが。。。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇LINE公式 「PR現代《きもの事業部》」に
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/xKHZwpr

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. 付加価値ってなんだろう。

  2. 今年のCESは、やっぱりすごい

  3. 長男と二人、ネットで大炎上中の映画を観てきました

  4. こんなものまでオンライン!?

  5. Googleがモバイルファーストインデックスへの強制移行を延期

  6. YouTubeチャンネル登録者数1万人を超えると…R…

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930