コロナ禍でも、儲かっている業界

今日も川崎に本社を置く百貨店の閉店が
発表されました。
また、パチンコ運営会社倒産のニュースも
入ってきました。 ゴールデンウィーク明けから
自粛があちこちで自粛が緩和されて
きたようですが、
ここ数ヶ月の影響はとても大きく
今後も業績回復は厳しいという見方が
大半です。 しかし、その一方で儲かっている業界も
あります。 在宅率が高まったことで、
Netflixは大幅に会員数を増やしたそうです。
同じく動画配信サービスのU-NEXTも
この4月は単月で過去最高の加入者増に
なったそうです。
ニュースにはありませんでしたが、
おそらくAmazonプライムも同様でしょう。 また、宅配系も好調で、飲食店での外食を
控えるかわりに、宅配代行サービス系が
伸びています。 その他、電子決済系、
ゲーム業界なども好調です。 我が家の子供達も夢中になって
遊んでいる「あつまれ、どうぶつのもり」は、
1,400万本以上も売れたようです。
NINTENDOSwitchは、長く品薄で、
転売も横行中。
Switchは、この一年で2100万台も売れた
というから驚きです。 あと、電子決済、通信教育系も
今後の伸びが予想されています。 新型コロナウイルスの混乱が
去ったあとでも、
以前のように、人々が過剰に密接して
コミュニケーションをするかどうかも
分かりません。 新しい生活様式へと変わっていくという
分析もあります。 これらのニュースを見ていて
思うのですが、
やはり、私たちの業界も
モノを売るという形にこだわることをやめ、
かたちのないサービスも
有料で提供することを考えるべきではないかと。 例えば着付け、
例えばコーディネイト、
例えば色合わせ、
例えば小物や洋服との組み合わせ、
ふさわしい髪型、
似合う色 など 現在すでに持っているノウハウを
通信教育という形で提供することもできます。
広げていけば、もっともっとあるかもしれません。
日本人ならではのおもてなし術や接茶
などもノウハウです。 これらは新たにスキルを身につけるまでもなく
すでに皆さんが持っているもの。 お客様の潜在ニーズを探りながら
モノ売り以外の商品を準備するのも
良いと思います。 すでに、一部のお店で取り組み
はじめているものもあり、
ビジネスとしての可能性もあると感じます。 どの道、すぐには元どおりにはならないので
今のうちに、備えておくのは無駄ではないと思います。 トヨタ自動車がコンセプト変更を行ったように、
自店のコンセプトを見直してみる
良い機会ではないかと思います。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇LINE公式 「PR現代《きもの事業部》」に
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/xKHZwpr

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prg.base.shop

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. こういうときだからこそ!

  2. グーグルが検索結果のルールをまたもや変更、最新情報を優先

  3. 偉人に学ぶ 

  4. 「集中」のための23のメソッド

  5. 今年も残すところあと5日。

  6. 知らないと損をする!? Googleの新ルール

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930