お店紹介・会社概要ページの見直しを

いよいよ首都圏の緊急事態宣言の緩和が
見えてきました。

油断はできないものの
緩和されることは本当に良かったなと思います。

マスクを外しての生活がすぐにできる
わけではありませんが、
経済がまわり、
自宅生活から少しでも開放されることで
人々のストレスが軽減されることを願うばかりです。

ニュースサイトやテレビニュースでも
ストレスが原因ではないかと思う事件が
目につきます。

やっぱりこもりっぱなしだと
ストレスは溜まりますね。

さて、色々なお店の
グーグルアナリティクスを見ていると、
ようやくアクセスが戻ってきたという実感があります。

特にゴールデンウィーク明けから
ユーザー数が戻り始め、
徐々にコロナ禍前の状態に近づいてきています。

やはりこんな状況の中では、
着物やジュエリーなどへの関心よりも
マスクや消毒液、安全な生活を守ることへ
気持ちも行動もシフトしてしまうのは
当然のことと思います。

そんな中、4月・5月中に
閲覧が増えたページがありました。

それは、お店紹介のページです。

○○○○○について(○の部分に店名が入る)

○○○○○の特徴

などのページです。

検索して辿りついたお店が
信用できるお店なのかどうかを
より慎重に吟味しているようです。

ほとんどの生活者は
不安な毎日を過ごしているので、
お店選びも慎重になっているのでしょうね。

このお店紹介のページに
単なる会社の概要が綴られているだけか

はたまた
そこにしっかりとお店の理念や
ビジョン、お客様へのメッセージが
込められているか

微妙な違いですが、
人間味や誠実さが伝わる
ページ内容であることが重要ですね。

ブログやニュース、ギャラリーなどの
更新領域だけでなく

変更を加えることが少ない
会社概要や理念などを伝えるページも
一度、この機会に見直してみる必要がありそうです。

Amazonのレビューが
競合店によって荒らされる行為が
頻発していることもあり、
ユーザーは簡単に書かれていることを
信じなくなってきています。

見逃しがちな固定ページこそ、
内容を充実させていくべきです。

今日Web会議を行ったお店では、
催事が開催できなかったこの2ヶ月の間に

これまで作ったマニュアル類を
見直ししたそうです。

それも社員さんが自ら
見直しを行ったそうで、
そのために、
より使えるものになったと
おっしゃっていました。

まだ大掛かりな催事などが
開催しにくい時期ですが、

勧誘などを行わない分、

見直しと修正に時間を当てるのは
とても大切なことだと思います。

なにはともあれ、
お店紹介や会社概要ページの
チェックを。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇LINE公式 「PR現代《きもの事業部》」に
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/xKHZwpr

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prg.base.shop

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. 今は着物が好きな社員でなければ、売れない時代

  2. 検索クエリが変わった

  3. テクノロジーの進化、その光と影

  4. JTから突然のギフト

  5. どうにかしたい天気痛

  6. どの言い回しが正しいのか? ママ振?着まわし振袖?

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930