目に見えないウイルスの脅威は計り知れない

vol.236

今日はとりとめのない話です。

安倍首相が会見を開き
辞任する決断をしましたね。

少し前に、病院で検査をするという
ニュースが流れていたので、
体調が良くないんだろうなとは思って
いましたが、まさか辞任ということに
なるとは想像していませんでした。

やり残したことも多かったと
思いますが、任期をあと1年残した
ところで、舞台を降りることになりました。

当初の思惑とは異なり、
今回の新型コロナウイルスへの
対策に追われ、忙殺される日々だったのだろうと
思います。

このことだけが原因ということも
ないだろうと思いますが、
新型コロナウイルスへの対応で
かなり歯車が狂うことになったことは
確かだと思います。

極端な言い方をするなら、
新型コロナウイルスによって
一国の総理大臣が退任する事態に
なったということでしょう。

ウイルス恐るべしです。

今日の安倍首相の会見を見ていて、

総理大臣という仕事は本当に
大変なんだろうなと思いました。

報道されているようなことは
おそらくほんの一部で、
国民が想像できないような
様々な事案に対する対応や決断に
日々追われる、、、。

歴代一位という長期政権でしたが、
終わることとなりました。

株価が大幅に下がったそうで、
早速、影響が出ています。

果たして、次の総理大臣は誰になり、
どんな政権運営をすることになるのでしょうか。

総裁選までの短い政権になるでしょうが、
コロナ禍対策に加え、

経済の立て直し、近隣諸国への対応など
様々な難題が山積していますが、

良い方向へ舵取りをしてもらいたいものです。

なぜか、
今日の会見を見ながら、
H・G・ウエルズの
宇宙戦争を思い出しました。

このお話のオチは、
火星からやってきた宇宙人に
地球が侵略されそうになりますが、
地球の細菌によって
次々と火星人が命を落とし
侵略が失敗するというものでした。

目に見えない小さな
存在が巨大な脅威を退けるという
エンディングは衝撃的でした。

このお話は、ラジオドラマ化や映画化され
色々と物議を醸した歴史があります。

1938年の10月30日にハロウィンの特別番組として
放送されたときは、臨時ニュ0酢として火星人の侵略を
報じるというスタイルだったため
多くのアメリカ人が、実際に起こったこととして
信じてしまい、混乱が起きたと言われています。

私も、1953年版の映画を見て、
ものすごく怖い思いをした記憶があります。

致死率も重篤率もそれほど
高くない新型コロナウイルスですが、

私たちの暮らしに本当に大きな
影響を与えています。

子供達の学校生活、
オリンピック、
様々な業種の経済活動、
私たちの当たり前の日常生活、
そして政治。

今日を区切りとして、
新しい一歩を踏み出さなければ
ならない。

そう思います。

9.23オンラインウェブセミナー開催
詳しくはこちらから

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇PR現代公式LINEアカウントに
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/rV8g8NU

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. いつも変革はiPhoneから始まる

  2. まだ5Gが始まってもいないのに、もう6G

  3. 日経クロステック『アフターコロナ・見えてきた7つのメガトレンド』から読…

  4. Googleがモバイルファーストインデックスへの強制移行を延期

  5. 捉え方、考え方で違いが出る

  6. 知ってもらう事のほうがいい商品を作るよりも難しい?

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930