3月15日のGoogleコアアップデート対策について

みなさま、こんにちは! 神山です。

なにはともあれ、WBCでの侍JAPANの優勝、
めでたいですね!

対メキシコ戦の9回のマンガのような逆転劇。
ここぞという場面でやはり大谷選手がチャンスを作り、
不調不調で交代させるべき! とネット民がしきりにディスっていた
村上選手が、最大の見せ場を作ってくれました。
いやあ、泣きました。
そして、決勝戦でも村上選手のダメ押しの一発。

侍JAPANは強かった!

今回のコアアップデートは、順位変動が大きい。

さて、本題です。
Googleが先週の3月15日にコアアップデートを実施したようです。
SEO系の情報ブログを見ると、今回のアップデートは
これまでのアップデートと比較して、
順位変動が大きいとのこと。

当社で管理させていただいているウェブサイトの
順位変動を専用ツールで確認すると
確かにサイトによって、
大きく順位が動いているキーワードがありました。

特に順位変動が大きいキーワードは

「県・市 + 商品名」

といった比較的ビッグキーワードです。

こうしたビッグキーワードは、
検索ボリュームが大きいので、
集客力に多少なりとも影響を与えます。

3月15日からまだ一週間程度しか経っていないので、
今すぐに対策を立てなければならない
といったものではありませんが、

改めて、Googleが提唱している指標に照らして、
コンテンツ充実を図っていくべきでしょう。

E・E・A・T という4つの指標

これまでEATという3つの指標を重要視するとのことでしたが、
昨年の12月より、この指標が4つになりました。
具体的には以下です。

E:Experience(経験や体験)
E:Expertise(専門性)
A:Authoritativeness(権威性)
T:Trust(信頼)

新たに加わったのは、最初のE:Experience(経験や体験)です。

「経験や体験」なので、お客様の体験談や
お店で体験する購買プロセスや得られる感動体験など
ユーザーが参考になり、信頼できる情報を強化していくべし
ということです。

ここ最近に振袖ユーザーは、成人式がこれまで通り
二十歳で開催されることを理解し、

振袖選びの時期が数ヶ月遅くなってきています。

また、店舗を複数比較して、
一番良いと思う店を選ぶのが当たり前になっています。

では、ユーザーは何をもって
選ぶお店を決定しているのでしょうか。

その指標の一つがすでにそのお店で成約した方の
声や体験です。

更新しているブログやニュース、イベント情報などで
お客様の体験談や声を積極的に入れるようにしましょう。

また、県単位・市単位のキーワードは
積極的に文中に取り入れましょう。

加えて、成人式というキーワードを使う場合は、
自治体ごとに定めている正式名称を
必ず併記するようにしましょう。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇PR現代公式LINEアカウントに
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/rV8g8NU

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. 2020年はYouTube集客元年

  2. 短期間で振袖Web来店予約を実現したお店の共通点とは

  3. 歩行ラリーとデジタルトランスフォーメーション(DX)

  4. 【インタビュー5】商品とサービスの多角経営を推進! 「京ろまんアプリ」…

  5. 働き方改革

    4月新年度に思うこと

  6. ネットに出ていない情報こそ、本当に知りたいこと

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930