こういう結果なのか! Yahoo! 検索大賞2019 発表!

毎年、この時期にこの1年間で多くの人に支持され、
前年と比較してもっとも検索数が急上昇した人物や作品、
製品に賞を授与するアワード、Yahoo!検索大賞。
年末の新たな国民的イベントを目指して2014年にスタート。

あんまり注目していませんでしたが、
今年選ばれたキーワードが
いったいどんなものかはとても気になります。

で、結果

パーソンカテゴリーで大賞を受賞したのは

「横浜流星」

でした。

「横浜流星」という漢字四文字からは
「横浜銀蝿」をどうしても思い浮かべてしまい、
俳優さんの顔がなかなか出てきませんでした。

The Crazy rider 横浜銀蠅 rolling Special

というハチマキやタオルが
脳裏に蘇ります。

横浜流星さんは、
ピンク色の不良高校生で深田恭子さんとともに
ドラマに出ていた彼です。

コメントによれば、
腹筋、腕立て、背筋を毎日100回ずつ
続けてキックボクサーの役作りをされていたそうで、
若いのにプロとしての情熱はすごいですね。

横浜流星さんが
こんなに人気だったことを
この発表があるまで知りませんでした。

トレンドに年々疎くなっていることを
痛感します。

なお、女優部門では、

「蒼井優」さん

お笑い芸人部門では

「りんごちゃん」

アスリート部門では

しぶここと、
「渋野日向子」さんが

それぞれ受賞。

その他、「ゆきぽよ」さん、
「あいみょん」さん、「日向坂46」さんなどが受賞
していました。

また、天気の子、ドラゴンクエストウォークなど
今年ヒットした映画やゲームも受賞です。

流行語部門は、「令和」が受賞。

このワードは、流行語大賞にも選ばれていました。
今年は令和元年なので、
まあ当然といえば当然の受賞ですね。
そして早くも令和元年が終わろうとしています。
令和元年はあっという間でしたね。

Yahoo!検索大賞はこれら有名人やヒット商品などの他、
各地域別の検索大賞もあり、
それぞれの地域性が出ていて面白いです。

我々にとっては、この地域別のキーワードのほうが
興味深いです。

ブログを更新しているお店は、
ぜひ、この地域別のキーワードを使ったブログを最低
一つは書いておくと、検索流入が増えると思います。
ただし、内容は、しっかりと自社の商品と検索ユーザーの
ニーズに応えるものにしてください。

北海道は、「なつぞら」
青森は「青森県高校野球」
宮城は「楽天イーグルス」
秋田は「夢休場2019」
東京は「東京オリンピック」
群馬は「けやきウォーク前橋」
静岡や「ららぽーと沼津」
岡山は「瀬戸内国際芸術祭2019」
高知は「よさこい祭り2019」

などです。
比較的スポーツ系のキーワードが選ばれているように
思います。

各受賞ワード、地域別ワードの一覧はこちらです。
眺めているだけで、今年一年のトレンドが
なんとなくつかめます。

https://searchaward.yahoo.co.jp

関連記事

  1. ジーンズとGoogleの意外な関係

  2. 検索してはいけない言葉

  3. Googleの終焉!? その後に来る世界とは?

  4. 「バーチャル・マーケット」知らないうちにこんな世界が。

  5. 2019年3回のGoogleコアアップデート対策

  6. 付加価値ってなんだろう。

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031