検索してはいけない言葉

絶対検索してはいけない言葉「ががばば」

今日は昨日までとはうってかわって
とっても寒い一日でした。
風も強く、ベランダに置いてあるサンダルが遠くのほうに
飛ばされていたり、
次男のプランターが、壁際まで飛ばされたりしていました。
風に当たっていると芯まで冷えてしまいそうなほど。

本来この時期は、これくらいの寒さなのでしょうが、
急にここまで寒くなると
せっかく治ってきた風邪が
ぶりかえしそうです。

さて、今日、突然長男から言われました。
にやにやしながら、
「パパ、スマホのYahoo!で『ががばば』と検索してみて!」と。

えっ? ガバガバ? 何?
と聞き返したのですが、

「違うよ、『ががばば』だよ。」と言われ、

早速iPhoneのYahoo!アプリを開いて
検索してみました。

何々おもしろそうじゃん。
いいブログネタになりそうだと思いました。

しかし、ががばばのやり方、ががばば できない
などのリストが表示されるだけで
特に何も起こらない。

もしかしたらもうできないんじゃないか?

というと、長男は自分のパソコンで
色々と調べはじめました。

その結果、現在は見られないとのこと。

以前は、この『ががばば』と検索すると
画像のような奇妙な選択肢がウィンドウで出現し、
それを選ぶと恐ろしいものが映るという
恐ろしいものだったようです。

 

選択肢は3つ

意味不明な音声やあり得ない世界が見えるなど、
予期せぬことが報告されています。

本当に続けますか?
という文章の下に

続ける
無音で続ける
やめる

というもの。

その後、入力した文字が消えていき、
勝手に入力がはじまります。

入力される言葉は、、、、

「たすけてたすけてたすけて」

そして、、、、、。

というようなとっても怖いものです。

世の中には絶対に検索してはいけない言葉
というものがいくつもありますが、

このががばばもその一つなのでしょうか?

いえ、実はこれ、
テレビ番組「世にも奇妙な物語」と
連動したキャンペーンサイトなのですね。

だから、現在は表示されないということなのです。

テレビ番組とネットキャンペーンが
連動し、その恐怖が増幅されるという仕組みです。

ウェブサイトの活用方法としては、
異色ではありますが、
こういうやり方は
とっても面白いですね。

着物専門店さんのサイトでも、
こういう展示会の時や大きなイベントの時だけに
出現する不思議なサイトや
面白いアクションを施すというのも
もしかしたらウケるかもしれませんね。

さて、この「ががばば」は、フィクションですが、

実際に「検索してはいけないことば」で
検索すると、

実に色々なキーワードがでてきます。

とっても気持ち悪い画像だったり、
怖いサイトへの入り口だったり、
本当に呪われてしまうような動画が出てくる言葉など・・・。

興味があったら
一度検索してみてはいかがでしょうか。

ただ、本当に心霊などを信じている方は
決してやらないほうが良いと思います。

そういえば、毎月伺っているお店の中には、
店内に「小さいおじさん」と呼ばれる妖精のような存在が
棲みついているお店があります。

置いてあったペットボトルが違う場所に移動していたり、
誰も触っていないキーボードがカチカチ打たれていたり、
スタジオの壁面に設置してあり
撮影用の花々が突然落ちてしまったりと
ちょっと普通では起こり得ないようなことが
日常的に起こっているのだそうです。
しかし、誰一人怖がっていないのがすごいですね。

それにしても、
いったい長男はどこからそんな情報を
見つけてくるのでしょうか。

そういえば、夕食前に
長男は
岩崎宏美さんのヒット曲
「マドンナたちのララバイ」を歌っていました。

リアルに聞いたことは絶対にない、
古い曲です。
調べてみたら1982年5月21日にリリースとありました。

レトロ趣味があるとは思っていましたが、
まさかこんな曲までとは。。。

末恐ろしい。

関連記事

  1. お客様の心に響くものとはなんだろう。

  2. ウェブでの集客力を高めるための施策

  3. 捉え方、考え方で違いが出る

  4. 娘と一緒に、はじめての猫カフェ

  5. 5G時代の4種の神器

  6. 渋滞解消なるか。空飛ぶタクシー早ければ2年後に商用化

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031