2019年3回のGoogleコアアップデート対策

今日は朝からかなり冷え込みが厳しく
昼間もそれほど気温が上がらず、
冬を感じさせる肌寒さでした。
風邪気味だったので、
早々とヒートテックを着込んで
出勤しました。
そしたら、電車の中は結構暑くて
会社の最寄り駅に到着した時はじんわり汗を
かいてしまい、
逆に不健康な着こなしになってしまいました。
かかりつけの病院に行ってみると
診察待ちの人が多すぎて待合の席が見当たらないほどでした。
インフルエンザの予防接種待ちの方もいて、
病院は大繁盛です。

今年も残すところあと2ヵ月。
成人式も近づいてきました。

ネット上では振袖関連のキーワードが
使われる頻度が高まっています。

さて、今年2019年において、
11月現在、Googleは検索順位のルールを変更する
コアアップデートを3回行いました。

これによって、順位が大幅に下がってしまったり
逆上がったというお店も少なくないのではないでしょうか。

今年3回のコアアップデートごとに
何が起こったのかを整理してみたいと思います。

3月のコアアップデートでは、
ユーザーが使う検索キーワード(=クエリと呼びます)
との関連性が高いサイトであるかどうかがポイントでした。

6月のコアアップデートでは、
クエリとの関連性に加え、
コンテンツの信頼性があるかどうかが問われることになりました。

そして9月のコアアップデートでは、
クエリとの関連性、コンテンツの信頼性、
そして、被リンクの信頼性が重視されるというアップデート
だったようです。

端的に言うと、
ユーザーが使う検索キーワードとページ内のコンテンツの関連性が
大事であり、例えばユーザーが「振袖 髪型」というクエリを使用した場合、
サイトの中に、髪型に関するトレンド情報や髪型のランキング、髪飾りのコンテンツ
などがしっかり構築されているかどうかが問われるということです。

コンテンツの信頼性については、
ユーザーが使うクエリの裏側にある
「検索意図(何を知りたくてそのキーワードを使ったのか)」
に合致したコンテンツを用意しているかどうかが問われています。

「振袖 相場」というクエリに対して、
現在振袖レンタルの人気価格帯はこうである、などということです。
また、あまり情報量の多くないページを削除するという対策も
必要のようです。

そして、被リンクの信頼性については、
自社サイトにリンクを貼ってくれているサイトのクオリティを
問われることとなりました。
自作したブログからのリンクなど信頼性の低いサイト
からのリンクばかりであれば、検索順位は下がり、
例えばポータルサイトなどのコンテンツ量が
膨大で知名度のあるサイトからの被リンクをもらっていれば
検索順位が上がるというものです。

コンテンツを充実させるという自力でどうにかなる
対策と違って、被リンクは他社の力を借りる必要があるため
社員さんの頑張りだけではどうすることもできません。

経営者が先頭に立って、コンテンツに優れ、
検索順位の高いサイトに対して、リンク依頼や登録依頼を
根気よくやらなければなりません。
手を打ってすぐに結果が出るものでもないので
継続的にリンク依頼を行っていきましょう。

関連記事

  1. 人を思う気持ちにあふれた政策発表会

  2. アップデートしなくちゃ!

  3. ブログを自己分析してみる

  4. 趣味が全く違う我が家の子供達が急に仲良くなった理由

  5. いくら素晴らしいものをつくっても、伝えなければ、ないのと同じ

  6. Google/今年3回目のコアアップデートが実施されたようです。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930