本日ドラゴンクエストウォーク サービス開始!

ドラゴンクエストウォークサイト

今日は久しぶりに涼しい夜です。
湿度も若干低めだったので、いくぶん過ごしやすい一日でした。
といっても、まだまだ日差しは強くて、秋というよりはまだまだ残暑です。

さてそんな中、
本日スマホゲームアプリのドラゴンクエストウォークがサービスを開始しました。

ご存知のない方のために簡単にこのゲームを紹介すると、
グーグルマップのような実際の地図上(画面の中の)にモンスターがおり、
そこへ自ら赴いて、モンスターを倒していくゲームです。
これまでのドラゴンクエストと違い、実際にそこへ歩いていかなければならないので、
うちの中などひとつのところにとどまってゲームを進めることができません。

今から3年前の2016年7月に、ポケモンGOというゲームがサービスを開始し、
色々な場所に人が集まってしまったり、
車を運転しながらモンスターを探す人がいたため、
交通事故が起きてしまったりと社会問題化したことがありました。

このドラゴンクエストウォークも基本的なコンセプトはポケモンGOとほぼ同じです。

私は、ポケモンのゲームをしたことがありませんでしたし、
映画も見たことがないので、ポケモンGOにはまることはなかったのですが、

ドラゴンクエストは、子供の頃からずっと親しんできたゲームのひとつ。
最初にやったのはドラクエ2でした。

主人公に自分の名前を入力し、まるで勇者になったような気分で
ゲームに熱中していました。

なので、ドラゴンクエストに登場するモンスターも魔法の名前も
今でもちゃんと覚えています。

今回は、即座にダウンロードし、ゲームを進めることにしました。

その理由はふたつ。

ひとつは、このゲームは実際にモンスターのいる現場に足を運ぶ必要があるので、
ダイエット効果があるのではないかという期待。

ふたつめは、ドラゴンクエストのファンだから、です。

ファンといっても、ドラゴンクエストの5くらいまでしかやっていないので、
その後のゲーム内容については、ほぼ知らないのです。

今でも記憶に強く残っているのはドラゴンクエスト5で、
親子三代にわたる壮大なストーリーと、
タイムリープして過去の自分と対面したり、
結婚相手を選ぶという重大な選択をしなければならなかったりと
ゲームという言葉では収まりきらないスケールに圧倒されました。
感激して涙が止まらなかったシーンもありました。

そんな記憶が、このドラゴンクエストウォークのオープニングを見た瞬間に、
次々に呼び覚まされてきました。

大の大人が、と思ってしまいますね。

まだ、倒せたモンスターは2体だけなので体もほとんど動かせていませんが、
このドラゴンクエストウォークを活用しながら
マイナス10kgを目標に、ダイエットに挑戦しようと思います。

関連記事

  1. どの言い回しが正しいのか? ママ振?着まわし振袖?

  2. 「時代は変わった。我々も変わらなきゃ」

  3. 爽やかカップルの誕生!

  4. 人々を魅了する染織の裏側ー伝承展ー

  5. 呉服屋さんのすごいところ

  6. 成功者になるための5つの具体的なアクション

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30