美味しさと値段の関係って難しい

京都出張3日目の今日。
早朝はちょっとひんやりした気温でしたが、
昼間はそれほど寒くない一日でした。

取引先の皆さんと一緒に
問屋さんへ行き
商品セレクトなどに同行
していました。

ずっとジョークのやりとりを
している方々なので
何をするときも
笑いが絶えない楽しい時間でした。

お昼になって
うどんとお寿司のお店に
連れていっていただきました。

私は、肉みそうどんと
おいなりさんのセットを注文。

このお店はうどんとお寿司を
色々な組み合わせで自由に注文できる
お店でした。

お昼時だったこともあり、
結構な混雑ぶりで、
とても人気がありそう。

これは期待できるなと
思っていたら、

注文の肉みそうどんと
おいなりさんのセットが
やってきました。

暖かいみその香りが
漂ってきて

あ、八丁味噌。

名古屋名物の
味噌煮込みうどんの
匂いでした。

私は、名古屋の味噌煮込みうどんが
大好きで、
名古屋に行くと、
たいてい味噌煮込みうどんを
食べるのです。

食べてみると
味は、名古屋の味噌煮込みうどん
そのものでした。
ただ、麺が違い
京都らしい麺と味噌煮込みの味が
絶妙にマッチした美味しいうどんでした。

そういえば、

私の会社のそばにも
名古屋から出店したと
思われる味噌煮込みうどんの
お店がありました。

できた当初は、
なんどか通ったものです。

味は、名古屋の味噌煮込みうどん
そのもので、
うどん一杯1,280円だったと思います。

ただ、鶏肉や卵が入っておらず、
それらをつけると二三百円ずつ
金額が上がっていくスタイルでした。

できれば全部入りが良かったのですが、
あまりに高いので、
いつもノーマルバージョンを
頼んでいました。

そしてもう一つ残念だったのは、
このお店には、
ライスがなかったことです。

私的には味噌煮込みうどんには
ご飯をつけて
それを一緒に楽しむというのが
理想なのですが、
できませんでした。

そして。

このお店はいつの間にか
なくなっていました。

名古屋で食べたときも
卵や鶏肉が入っていても
そこまで高い値段ではなく
もっと気軽に食べられるものだったと
思うのですが、

東京だからなのか、
材料の原価が高いからなのか、
とっても割高な印象で

徐々に客足が遠のいて
しまったのではないでしょうか。

会社のまわりで
食事をするとしても
やはり千円前後で十分に
食べられるところがほとんど。

その中でひときわ価格の高い
この味噌煮込みうどん屋さんは
かなり強気の価格設定だったかと
思います。

味は確かに美味しい。
あの名古屋の味でした。

しかし相場価格を大きく逸脱すると
続かないということでしょうか。

今日いただいたうどんとおいなりさんのセットは
千円でお釣りが来る価格でした。

あの名古屋の味が、
会社のそばで再び味わえるように
なるといいなぁと思うしだいです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇LINE公式 「PR現代《きもの事業部》」に
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/xKHZwpr

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. アクセス増でも、来店予約が増えないケースが

  2. スティーブ・ジョブズの言葉

  3. こういうときだからこそ!

  4. 嵐の前の静けさ

  5. 明るさとユーモアと笑い

  6. どの言い回しが正しいのか? ママ振?着まわし振袖?

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30