マスクが高い、買えない、店にない

今日は、久しぶりに冬らしい
とっても寒い一日でした。
北風が鼻や耳に突き刺さり
痛いくらいです。

毎日コロナウィルスが拡大
していくニュースが流れ、
日に日に感染者数が
増えていきます。

まるでゲーム「バイオハザード」
を見ているかのようです。

早く終息してくれる
ことを祈るばかりです。

そんな状態だから
マスクをしている人が
とっても増えました。
電車内でも、
道を歩く人も

小売店の方々との
MTをしても
ほぼ全員がマスクをしている
なんて、なかなかないことです。

そして、

マスクが買えません。

コンビニにもないし
地元のスーパーでも売り切れ。

マスクやアルコール除菌のウエットシート
などに関しては、
およそ10年前の震災の時の
ような状態です。

でも、

ネットを開けば
Amazonにも、メルカリにも
たくさんのマスクが
出てきます。

もちろん在庫は
豊富にあるようで、
どれも品切れになっていません。

そして、
価格は5倍から20倍くらい
のものが多いです。

コンビニで買える5枚入りとか
3枚入りのマスクが
1,000円から5,000円くらいの
値がついています。

本当に、悲しい話です。

たとえいくらで売っても
日本では罪になることはないですが、

人の生き死にに関わるような
必須アイテムを
お金が儲かるからという理由で

買い占めて高く売る
というのは、本当にどうなのでしょうか。

お隣の国では、
マスクを高額で転売する行為を
罰する法律ができたみたいです。

メルカリも重い腰を
あげたようで、
マスクを高額で出品するページを
削除するようです。

楽天市場は、高額で出品している
出店者に注意を呼びかけたそうで、
ユーザー保護の観点から
著しく高額の場合は掲載停止を
検討するそうです。

とはいえ、まだ決まってるわけではなさそうで、
著しくとあるので、

通常300円のマスクを1000円程度で
売る場合は停止にはならないんでしょう。

約20年前に発売され今なお売れて
空前の大ヒットとなっている
ビジネス書「7つの習慣」の著者
スティーブン・ R・コヴィー氏は

本当の成功には、
人格主義が必要であると説いています。

どんなに儲かっても
人格が備わっていないと
継続的に成功することはできないのだと。

キレイごとでは
生きられない! なんて言葉が
返ってきそうですが、

今のような時代には、

個人が儲かるために
周りが犠牲になるというやり方を

テクノロジーを手段に用いる
上述のような大企業は、
認めないで欲しいなと
思います。

関連記事

  1. 国内初! ついに5G対応のスマホが登場!

  2. ビッグコラボレーションの裏に5G

  3. ウェブ集客のポテンシャルを信じて

  4. 長男と二人、ネットで大炎上中の映画を観てきました

  5. スティーブ・ジョブズの言葉

  6. 記憶力が3倍になる!? 成功している人がしている睡眠習慣

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829