2020年上期 日経MJヒット商品番付発表!

日本経済新聞社が毎年行なっている
日経MJヒット商品番付が発表されましたね。

今年は、コロナ禍の影響で
ランキングにも例年とは違う傾向が
出ています。

このランキングの中に、
とても個人的に思い入れのあるものも
含まれていて、
ちょっと嬉しかったです。

で、2020年上期ヒット商品番付が
どうなったのかというと、

東の横綱は、
「オンライン生活ツール」。
これはもう、これしかないという
納得の結果です。

そして西の横綱は、
任天堂「あつまれどうぶつの森」。
以前、このブログでも書きましたが、
1,400万本も売れたという
超人気ゲーム。

我が家でも、長男・次男が
夢中になってやっています。

普段ゲームをしない若い女性や
子供達、そしてミドルの女性なども
ユーザーに取り込むことに成功した本作。
そしてコロナ禍で自宅生活を強いられたことも
影響があったと思います。

そして、大関は、
東:応援消費
西:おうちごはん

という結果。
これもコロナの影響を多分に受けていますね。

関脇も同じで、
東:無観客ライブ
西」テークアウト

やっぱりコロナの影響が色濃いです。

その下には、
手渡しなしの宅配、
生鮮ネットスーパーなども
ランクイン。

ランキングの半分はコロナの影響を
受けたという結果となっていました。

そんな中、

東の前頭の一番下にランクインしたのが、
PS4の人気RPG「ファイナルファンタジー7」の
リメイク作品での
「ファイナルファンタジー7リメイク」でした。


▲ファイナルファンタジー7リメイクの主人公「クラウド」さん(スクエアエニックス)

この作品、私にとって
大好きなゲームナンバー1の
ファイナルファンタジー7のフルリメイク作品。

今から23年前に、
初代プレイステーションで発売された
最初のファイナルファンタジーで

個性的なキャラクターたちが、
このゲームの舞台だけでなく、
他のゲームにも登場することが多く、
世界中にファンがいるほどの人気がある作品です。

いわゆるRPGの王道とは違い、
魔法や剣は出てきますが、
中世欧州のような雰囲気ではなく、

スチームパンクな雰囲気の街が
最初の舞台で、近未来のテクノロジー社会と
魔法やファンタジー要素が合体した感じの世界観です。

このゲームのメインヒロインの死は、
ゲーム史上最大の悲劇といわれるほどでした。


▲ヒロインの一人「エアリス」さん(スクエアエニックス)

そんなゲームが、
23年の時を経て、
素晴らしいゲームになって
帰ってきたのは、
本当に嬉しいことです。

YouTube上には、
無数の実況動画がアップされ、
YouTuberさんたちは、
ゲームの世界にどっぷり浸かりながら
泣いたり笑ったり、感動したり
ショックを受けたりしています。

このFF7リメイク、

ここまで進化したのか!

と声に出さずにはいられないクオリティです。

どうやら、原作とは違う
物語に発展していきそうで、
ヒロインの死も、
もしかしたら回避されるかもしれない
という可能性がありそうです。

このゲームも発売一週間で
350万本という販売数だそうで、
あつまれどうぶつの森ほどではありませんが、

ゲームの世界では、
ちょっとした熱狂トレンドになっています。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇PR現代公式LINEアカウントに
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/rV8g8NU

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. 落語家が語る不況に強い3つの業種

  2. スティーブ・ジョブズの言葉

  3. 欲しくない人にも、興味関心を持ってもらうために

  4. 新型コロナで注目度アップの空中タッチパネル

  5. 「もっと速い馬が欲しい」

  6. 一つのターゲットに対しても、バラエティに富んだ記事を

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031