「働く」という言葉の意味

昨日から京都出張しております。
昨日の京都は想像以上に暖かくて、春めいたお天気でした。
しかし今日は寒さが戻って、
吐く息が白くなるほどでした。

今日は色々な方とお会いすることができたのですが、
なるほど〜と思うお話をたくさん聞くことができました。

一つは、タイトルにあるように

「働く」ということの意味。

着物専門店の社長さんのお話で、

「はたらく」とは「はた」が「楽」になること。

つまり自分が頑張ることで周りの人が楽になる
ということ、だと教えてくれました。

普段は漢字で働くという文字を捉えているので
そんなふうに分解して考えたことがありませんでしたが、

なるほど〜と目からウロコでした。

そもそも、働くことは自分のためでなく
人のために頑張ることだったんだと。

また、別の方のお話で、

日本文化が持っている魅力や力についての
お話も勇気をもらえるものでした。

日本文化の中にある

忍耐、道、そして和の心……。

我々が考えている以上に、
日本文化は世界中から評価されていて、
着物はその際たるものなんだとか。

民族衣装は世界中にありますが、
着物ほど、人々を魅了する衣装はないと
その方は語っていました。

和 という字を考えてみると

和=ハーモニー
和=異なるものを組み合わせる
和=たす
和=あえる
和=なごむ
和=日本

など和には色々な意味があります。

ちなみに私の娘の名前は「和」です。

和と書いて「あい」と読みます。

母が名付けてくれたのですが、

和という字に「あい」という読み方があることを
名前の案を母から聞いたとき初めて知りました。

人と人を結ぶ和という字に、「あい(愛)」と
いう意味合いを感じさせてくれて

他の名前を付けるつもりだったのですが、
瞬間的に、「和」にしようと決めました。

私の中にも、この「和」という文字に
含まれている日本人ならではの感覚があるんだと
思います。

身近なところでも、日本も、世界も、
分断や断裂、軋轢が広がっていますが、

和の心を分かち合うことで
One Team になれたらいいのになと

色々な方のお話を聞いて思いました。

関連記事

  1. ディズニーマジックな一日

  2. ビッグコラボレーションの裏に5G

  3. まるでターミネーター!? 嘘のような本当の話

  4. スティーブ・ジョブズの言葉

  5. テスラもGoogleもすごい

  6. 経営トップがウェブ運用にコミットしていることが最大の成功要因

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031