資産防衛のためのダイヤモンド投資(川端敬子・著)は宝飾店必読

資産防衛ダイヤモンド_川端敬子

こんにちは、PR現代 代表の下島です。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

ジュエリーをはじめとする高級高付加価値サービスを提供する皆様へ、
今週は1冊の本のご紹介です。

『資産防衛のためのダイヤモンド投資』

『資産防衛のための ダイヤモンド投資』
単行本・2022/4/19 川端 敬子  (著), 鹿子木 健  (監修) PHP研究所(2,200円)。

川端敬子氏は大阪市にある(株)デュナミスの代表者です。
同社は、宝飾品輸出⼊卸販売事業/インターネット販売事業、海外進出コンサルタント事業などを⾏なっている会社です。
また監修の⿅⼦⽊健⽒は資産防衛コンサルタントの方だそうです。

ジュエリー関係の知り合いの方から紹介を受け、さっそく写真の本を読んでみました。

内容は、

①資産ダイヤモンドとは何か?

②どのような財テク対策となるものなのか?

②どのような店で選び、どのように購入したら良いのか?

という、これまで日本ではなかなか知られることのなかった「資産防衛ダイヤモンド」に関することが、
端的に、わかりやすく紹介されている本でした。

先日、ご紹介いただいた知人のオフィスを訪ねた際に、
川端社長にその場で電話をしていただき、ご挨拶をさせていただきました。

上記のパンフ裏面にある「日本人だけが知らないダイヤモンド資産の世界」のキャッチコピーが目にとまります。
まさに多くの日本人がまだ知らない内容だと思います。宝石店経営者の方はぜひ一読をおすすめいたします。

専門家は、本やウェブコンテンツでユーザー視点の記事をまとめ、発表しよう!

ストアブランドを醸成し、新規客開拓をするために本を出版することは、広く知られたブランディング手法のひとつです。

そして、出版記念のプレスリリースの配布、記者発表、記念セミナーやパーティの開催により、
さらにPR効果を高め、新規客との縁づくりにも生かすことができます。

今回の本は本当にユーザー利点にかなった自社紹介を兼ねたたいへんすぐれたマニュアル本でした。

皆さんも自社の強みを発揮したブランディングを強化するために、
本やウェブコンテンツでユーザー視点の集大成となる記事をまとめ公開することをおすすめいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『資産防衛のための ダイヤモンド投資』
<目次>

はじめに
ダイヤモンド投資Q&A

第1章 これまで隠されていた「ダイヤモンド投資」とは?
ダイヤモンド投資のメリット・デメリット
メリット1 安定的に値上がりし続けていて、価格が下がりにくい
メリット2 希少価値がある
メリット3 インフレに強い
メリット4 経済や社会の情勢の影響をほとんど受けない
メリット5 持ち運べて携帯性に優れる
メリット6 2500年の歴史がある
メリット7 分散投資に最適である
メリット8 金よりも手軽に所有できる
メリット9 長期間保有しても品質の劣化がない(何千年も同じ状態を保つ)
日本でダイヤモンドが投資対象ではなかった理由

第2章 富裕層は知っている「資産防衛のためのダイヤモンド」
実物資産の価値を知らない日本人
「ダイヤモンドは永遠の輝き」は「消費」のためのプロパガンダ
ダイヤモンドを資産として見ていないのは日本人だけ
「投資」と「資産防衛」――その決定的な違い

第3章 ユダヤ人の歴史が証明するダイヤモンドの価値
ユダヤ人の迫害の歴史と持ち歩ける資産・ダイヤモンド
ダイヤモンドを輝かせ続けるデビアス社の存在
コラム かつてダイヤモンドの価値はルビーの8分の1だった

第4章 資産防衛としてのダイヤモンド投資の始め方
最初の一つ目を買う
一つ目を買ったあとは二つ目を
ダイヤモンドによる資産の分散のしかた
諸費用はいくらかかるか
資産はリスト化しなければ守れない

第5章 ダイヤモンドの基礎知識と選び方
そもそもダイヤモンドとはどんな石なのか
ダイヤモンドの価値は「4C」で決まる
1 Carat(カラット)
2 Color(カラー)
3 Clarity(クラリティ)
4 Cut(カット)
ダイヤモンドの価値は「鑑定書」を見ればわかる
コラム ブリリアントカットは職人たちの長年の工夫の賜物

第6章 ダイヤモンドのプロとわたりあうための専門知識
ディーラーはどのように価格を設定しているのか
ダイヤモンドの色々な形(主なカット)
ファンシーカラーダイヤモンド
原石結晶の種類
工業用ダイヤ、合成ダイヤ、そしてジュエリー用ダイヤ
「資産用ジュエリー」もある
ブロックチェーンやダイヤモンドの取引を変える!

あとがき
監修者のことば

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大粒ダイヤモンド拡販のためのキャンペーン、販促ツールのご相談は、
PR現代 ジュエリー事業部までお気兼ねなく、お問い合わせください。

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇PR現代公式LINEアカウントに
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/rV8g8NU

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. 緊急オンラインセミナーを開催いたします。

  2. 動画の時代は着々と進んでいます

  3. ホームページの価格表示の修正はお済みですか?

  4. コロナなんかに負けてはいられない。

  5. 着物手帳2022PR現代

    『着物手帳』は店とお客さまをつなぐ『縁づくりツール』です

  6. IJT_SDGsセミナー

    宝飾業界のSDGs戦略 〜持続可能な未来をつくる具体策とは?〜

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031