コミュニケーションの面白さ、難しさ

今日、関東でも朝から雨が降り一日中ぐずついたお天気でした。
気温は低くなってきたので、うだるような暑さに苦しむことはなくなってきました。

九州では大変な大雨であちこちで被害が出ているとニュースでやっていて、
胸がとても痛みました。
一刻も早く天気が回復してくれることを願うばかりです。

夏休みが終わり、我が家の子供達も学校に通いはじめました。
季節の変わり目だからなのか、
新学期が始まるからなのか、
我が家の子供達の気分が不安定です。

とくに次男は始業式前日に、学校に行きたくないと
言いだしました。結局学校へは行ったのですが
学校が始まる数日前から目に見えて食欲が落ち、
お昼はほとんど食べなくなってしまいました。

始業式当日は、給食がないためお弁当を持っていったのですが、
お弁当には手をつけずじまいだったようです。

ちょうど出張先のテレビ番組で、
もし、子供が次の言葉を発したらそれは要注意です。
と言っていて、まさにその言葉が

「学校に行きたくない」でした。

そして、親はそれを聞いたとしても「なぜ?」と理由を聞いてはいけない
とのことで、ちょっと不安になりました。

子供にその理由を問いかけても、自分でもよくわかっていないことが多いため
より深く心を閉ざしてしまう可能性があるからなんだそうで。

今日自宅に戻ってみると、
次男も長男も、しっかり夕食を取っており、
二人してバカリズムさんのお笑いネタでケラケラと笑っていて、
昨日よりも確実に元気を取り戻しているように見えました。

しかし、今日の学校はどうだった?と聞くと
つまらなかったとブスッと答えました。

理由を聞こうにも聞き方が難しくて、
色々角度を変えて聞いてみましたが、
ちっとも理由はわかりません。

こんなに身近にいる存在なのに
コミュニケーションがうまく取れない体たらくです。

昨日「人に伝える」ことをテーマにブログを書きましたが、
本当に、伝えるということは難しいですね。

今日は、新規でウェブサイト制作をご依頼いただいたお店で
ウェブサイトの内容や方向性について打ち合わせをしましたが、
このお店の経営者さんは、
とてもわかりやすく、お店のコンセプトをまとめていらっしゃいました。

キャッチコピー、
説明文、
そして、それらを具象化したロゴと

これらを見るだけで、お店の顔が見えてきます。

決して多くを語っているわけではないのに、
行間からお店の気持ちが伝わってくるようでした。

お客様へ提供するプランにもこれまでのやり方とは異なる切り口で
お客様にとって、本当に必要なものを納得してもらえる形で提供することに
とてもこだわっていました。

これらのコンセプトワークを作り上げる方法も
実に斬新で、とても勉強になりました。

それにひきかえ
自分の子供とまともに対話ができず、
子供が考えていること、抱えていることを理解することができない自分。
なんとまあ情けないことです。

明日、ちゃんと学校に通ってくれるだろうか。。。

関連記事

  1. 新機軸はFacebookだけじゃない。Amazonが新しい通信規格「S…

  2. アップデートしなくちゃ!

  3. やっぱり本当だった、今の若手社員の実態

  4. 趣味が全く違う我が家の子供達が急に仲良くなった理由

  5. 人々を魅了する染織の裏側ー伝承展ー

  6. 想定より一ヶ月以上早いクリスマスプレゼント

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031