かなり盛り上がるビンゴゲームでした

今日はお取り組み先の新年会でした。

お店の全スタッフに加え、
取引先の担当者さんなども参加し
楽しい時間を過ごすというものです。
なおお客様はこの会には参加しません。

このお店の場合、
社員さんの平均年齢が
若いことも手伝って、
飲む前から
すでに盛り上がっています。

大柄のスタッフが
司会をスタートするやいなや

「せんとくん!」

という掛け声がかかりました。

言われてみれば
せんとくんに似ています。

思わず吹き出してしまいました。

この新年会の
恒例行事といえば

ビンゴゲームです。

今回もとても豪華な景品が多数
出品されていました。

大型液晶テレビをはじめ
NINTENDO Switch、
ドライブレコーダー、
ダイソーの掃除機、
ファンヒーター、
炊飯器、低反発枕、
トースター、
ドローン、各種健康グッズなどなど

ルールとしては、
ビンゴになった人から
好きなものを持ってかえる
というシンプルなもの。

とにかく早く
ビンゴを揃えるが勝ちです。

取引先だから忖度しなきゃ
というようなムードもなく

気軽に参加できます。

個人的には
NINTENDO Switch狙いだったのですが、

早々にビンゴを出した方が
あっという間にNINTENDO Switchを
選んでしまい、
あちこちからため息が漏れていました。

私もその1人。

その後、わりと早く
私もビンゴを出すことができたのですが、

低反発枕を選びました。

その後ビンゴを出した人が
ドライブレコーダーや
ドローンを選んでおり、

そんな景品があったとは!
と、もっとしっかり吟味すれば
よかったなと思いました。

それでも、枕が足りてなかったので
枕をいただくことができて
とてもありがたいです。

その後、

ダイソンの掃除機を当てた方の
そばに、若手女子スタッフ数名が
忍び寄り、奪い取ろうとしたりと
まるで学生の宴会のような
はしゃぎっぷりでした。

そんな楽しく明るく
はっちゃけた新年会でしたが、

冒頭の社長のご挨拶で、

「令和2年は改革の年、
新しいビジネスモデルづくりが私の仕事であり、
スタッフ1人ひとりが
うちで働くことができて良かった!
と言えるようにしたい!
取引先の皆さんも
当店と付き合ってよかった!と
思っていただけるよう頑張ります!」

とお話しされていたのが
印象的でした。

確かに今年は、
なにやら変化が起こる予感がする年です。

12年に一度しかやってこない
干支の最初の年。

良い年になりそうな、兆しを感じさせて
くれるひとときでした。

関連記事

  1. ジーンズとGoogleの意外な関係

  2. 国内初! ついに5G対応のスマホが登場!

  3. 知れば知るほど好きになる

  4. 「バーチャル・マーケット」知らないうちにこんな世界が。

  5. いつの間にかGoogleマップのロゴが変わっていた

  6. 新機軸はFacebookだけじゃない。Amazonが新しい通信規格「S…

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930