極寒の卒園式

たしかニュースでは、
明日にも桜が開花する
と言われていましたが、
開花の気配は全くなく、

今日は、
昨日の暖かさが嘘のような
真冬に逆戻りした極寒の一日でした。

しかも、お昼頃には
雨が徐々に雪に変わり、
大雪になってしまいました。

この冬いちばんの冷え込み
なんじゃないだろうかと思うほどです。

雪がここまで降ったのは
この冬の中で
今日が初めてのことです。

そんな中、
縮小版とはいえ、
娘の卒園式が
行われました。

小さかった子供達が
立派にセリフを言う姿は

やっぱりこみ上げてくるものが
ありました。

そして、
卒園児が歌う

「さよなら僕たちの保育園」は
多くの保護者の涙を誘っていました。

園児たちが退場し、
廊下では、担任の先生が
一人ひとりに顔を近づけ
ハグをしている姿を見て、
涙腺は崩壊しました。

我が子のように
寄り添ってくれる先生には
感謝しかありません。

さて、

本来ならば、このまま
謝恩会に突入するのですが、
今年はコロナウイルスの影響で、

これで卒園式は終わりました。

その後、
卒園記念ムービーを
ライブ配信するために

場所を移動し、
謝恩会のDVD係と統括スタッフ数名で
動画配信を行いました。

YouTube、それもライブ配信を
全ご家庭がきちんと観られるよう
配信1時間前からスタンバイし、

テスト配信を行いました。

あるママさんが言うには、
YouTubeライブを観る手順を
ちゃんと知っているご家庭は
ほぼないとのこと。

改めて、最近のネット閲覧の
ハードルの高さを痛感しました。

やはり数軒、
ライブ配信画面が表示できない
というメッセージがグループラインに入り、
DVD係が個別に
フォローしつつ、なんとか
視聴体制が整いました。

動画の上映がスタートすると、

コメントが次々と入ってきて
それらの言葉に
胸がつまる瞬間が
何度もやってきました。

ああ、ライブ配信の魅力は
視聴してくださっている方々の
コメントなんだと実感しました。

本当なら先生も園児も
保護者もみんなが集まって
わーきゃー言いながら
観るのですが、

それができなくても
ライブ配信なら、
リアルタイムの
コメントのやりとりを通じて
一体感を得ることができます。

終わってみれば、
離れていても、
園児たちの成長を
みんなで共有することができた!
という充実感がありました。

今後ますます活用が
活発になる可能性がある動画。

YouTubeに動画をアップロード
するだけでなく、
「ライブ配信」を活用すれば、
大勢の方と一緒に
感動や驚き、学び、楽しさを
共有することができ、

商品への興味惹起や
ファンづくりに有効だと思います。

今外をみると、雨も止み、
星がちらほら見えています。
東南にはオレンジ色の月が
ぼんやりと顔を出しています。

明日は、今日よりは
温かい一日になりそうです。

明日は桜の花を
見られるでしょうか。

関連記事

  1. 清々しいほどの青空!

  2. 着物の伝統美の不思議

  3. 月明かりの夜に思ふ

  4. 付加価値ってなんだろう。

  5. 備えをちゃんときちんとしなくちゃ

  6. 子供達にとっても嬉しい取り組み

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930