「うちで踊ろう」がすごいことになってる

新型コロナウイルスの猛威で
多くの人たちが自宅待機や在宅を余儀なくされている中、

芸能人の方やスポーツ選手などが
自宅での生活をより楽しく
充実したものにするために

色々な動画を公開しているのは
ご存知の通りかと思います。

芸人さんたちが、
ネタ動画をリレー形式で
つないだりしているのが
朝のテレビ番組でも紹介されていました。

そんな中でも、際立っているのが
星野源さんの動画です。

YouTubeでアップした「うちで踊ろう」という
楽曲は、著作権などを気にせずに
誰でも自由に使ったり、
コラボしたりできるもので、

これに呼応した芸能人や一般の方々が
次々と動画をアップしています。

高畑充希さんや
三浦大知さんが即座に反応し
動画を公開していましたね。

その後、YouTuberの方々も
動画をアップしたりしています。

どのコラボレーションも
物凄いクオリティでびっくりです。

ここで、実は私も!
と言えれば、かっこいいのでしょうが、
とてもできません!

そんなコラボ動画の中でも
すごい! と思ったものをいくつか紹介したいと
思います。

まず、これが本家の星野源さんの
動画です。

歌詞はこんな感じです。
コロナウイルスを拡散しないために
自宅での自粛を頑張ろうという
エールですね。

たまに重なり合うような 僕ら
扉閉じれば
明日が生まれるなら
遊ぼう一緒に
うちで踊ろう 1人踊ろう
変わらぬ鼓動 弾ませろよ
生きて踊ろう
僕らそれぞれの場所で重なり合うよ
うちで歌おう
悲しみの向こう
全ての歌で手を繋ごう
生きてまたあおう
僕らそれぞれの場所で重なりあえそうだ

そして、この星野源さんの
動画にコラボしている見事な動画が
こちらです。

陶山隼さんというアレンジャーさんの動画なのですが、
女性ボーカルと
ホーンセクションを加えた
演奏に仕上げてありました。

おしゃれですね。

続いて、ほんとにしびれてしまったのが
この動画です。

ill bellさんというニコニコ動画で、
歌ってみたなどの動画をアップされていた方で、
ラップがとても上手な方です。

ラップだけでなく、
K’sさんという方がDTMで制作したRemixの音楽がとてもかっこいいです。
ラップで歌詞を付け加え、
曲自体もサビが加えられてより壮大な音楽に
なっていました。

肝心のラップの歌詞も
韻の踏み方、
メッセージ性もすごいです、本当に。
しっかりとコロナ対策であり、
皆の気持ちを反映したものになっているが泣けます。

その他、オルケスタ・デラルスさんらが
コラボした南国バージョンも最高です。

別々の場所にいて、
会ったわけでも
一緒に録音したわけでもない状態で、
こうしたコラボができる。

デジタルを使って、
時間や距離も超えて
アナログの究極である
気持ちや心をつなぐという取り組み、
すてきです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇LINE公式 「PR現代《きもの事業部》」に
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/xKHZwpr

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. 2020年はYouTube集客元年

  2. 動画への取り組みを本格化しなきゃ

  3. 人生のホームラン

  4. JTから突然のギフト

  5. 【現場コンサル実績】わずか3ヶ月で前年対比315%の売上増の秘密とは?…

  6. 落語家が語る不況に強い3つの業種

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30