知ってもらう事のほうがいい商品を作るよりも難しい?

偉人に学ぶ その5

今日も衝撃的なニュースが飛び込んできました。
ショックです。
志村けんさんに続き、岡江久美子さんが
新型コロナウイルスで亡くなりました。

はなまるマーケットや
終着駅シリーズでおなじみの
岡江さん。
Yahoo!ニュースの
見出しを見て絶句しました。

終着駅シリーズは好きで
よく見ていました。。。

年齢に関係なく、
軽症状でも、突然重篤化する危険性が
あるんですね、この新型コロナは。

より一層、手洗いやうがいを徹底し、
感染しやすい行動をやめなければ
ダメですね。

さて、今日も視点を変えることに
関連するネタです。

世界で最高のセールスライターと
呼ばれたゲーリー・ハルバートさん
という方がいます。

この方が、セミナーで参加者に
次のような質問をしたのだそうです。

「もし、私とあなたがハンバーガー屋さんを
始めて、で、誰が一番売れるか競争したとしましょう。
そのとき、あなたはその競争に勝つために
どんな条件が欲しいですか?」

と。

参加者は口々に色々な条件を
言ったそうです。

例えば、

「隠し味に使う秘密のソースがほしい」
「最高の牛肉が欲しい」
「最高の場所がほしい」
などです。

それに対してゲーリーさんは、

「OK。あなたたちにその条件を全部
差し上げましょう。
友里な条件をすべて差し上げた上で
私は、たった一つだけ欲しいものがある。
それさえあれば、私の勝ちだ」

と答えたのだそうです。

一体何が欲しいんだ? と
参加者がゲーリーさんに尋ねると

私がほしいのは、

「お腹を空かせた群衆です」

と答えたのだそうです。

ここで視点の話になりますが、

参加者は、

いかに素晴らしい商品を作るか?
という視点で考えていた。

多くの経営者がこのように
考えてしまうという警鐘ですね。

自分の売り物である商品のことに
頭がいってしまい
顧客や見込客のことを
考えることを忘れてしまうのだと。

「知ってさえもらえれば、
いい商品だから買ってもらえるはず」

という考え方が非常に危険だと
ゲーリーさんは言います。

これこそ、いい商品を作れば、
お客様が自然と寄ってくる。

という発想が、危険だと。

「今の時代、

知ってもらうことのほうが

いい商品を作るより

はるかに難しい」

ことを理解しなさいという教えなのでした。

まず、お客様がどんな要望や課題を
抱えているのかを知り、
その課題を解決するためには、
どうあるべきなのか?

その先に商品があります。

いい商品であること
いい商品を作ることはとても
大切なことですが、

ゲーリーさんは、

「いかに売るか」ということを
考え、そのシナリオが作ることが
最優先であると教えています。

難しい話ですが、
考えさせられます。

話はかわりますが、
昨夜、こと座の流星群が極大を
迎えたそうです。
でも、昨日は曇り空で星ひとつ
出ていませんでした。
今夜も、空は霞がかっていますが
若干星が見えます。

東から北東のあたり、
23時すぎから地平線にちかいところに
こと座があるようなので、
少し眺めてみようと思います。

願いごとはできるでしょうか。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇PR現代公式LINEアカウントに
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/rV8g8NU

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. 備えるということ

  2. 動画運用を始めるために

  3. 世代を超えた面白さ さすがスターウォーズ

  4. 呉服屋さんのすごいところ

  5. 実はいない、存在感のあるモデル

  6. PR現代2021

    新年度スタート!年間販促計画で大切なのは、テーマ、予算、スケジュール

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930