WEB活用10の基礎チェックポイント【専門店編】

PR現代JMG/WEB塾

こんにちは、PR現代 の下島です。
9月も後半となり、 皆様におかれましては、秋の展示会や歳末企画の準備などでお忙しいことと存じます。

WEB集客に関するいくつかの基礎ポイントをまとめましたのでご紹介します。

WEB活用10の基礎チェックポイント(専門店編)

さて、皆さまはいくつ該当しますでしょうか?(2023.9.26 改訂版)

<新規客づくりのためのWeb施策>

【1】googleで「商品名+地域名」を検索したとき、自店が上位3位以内に表示される(ローカルSEO)

【2】googleマップで「商品名+地域名」を検索したとき、自店の写真入り紹介が表示される(MEO)。上位3位以内に表示される。

【3】HPのユーザー数、セッション数、ページビュー数、ページ/セッション、エンゲージメント率が前年比で伸びている(SEO)。

【4】検索連動型広告(リスティング広告)を活用している(Webプロモーション)。

<リピーター・顧客づくり(紹介客づくり)のための施策>

【5】LINE公式アカウントを開設し、友達数が順調に増えている。

【6】LINE公式アカウントを、1対1の納品連絡以外でも活用している。

【7】電話、メール、LINEでの問い合わせが前年比で増えている。

<運用面>

【8】グーグルアナリティクス(GA4)、サーチコンソール(SC)等の分析や集計進捗管理を毎月行っている。

【9】ユーザーの検索意図を考え、商品やサービス、催事等の記事配信をWEBやLINEで行っている。継続している。

【10】ウェブ担当チームをつくり運用を計画的に行っている。

★7つ以上該当するようでしたらほぼ合格(青信号)です!

★5つ未満という方や、もしかしたら設問自体よくわからないという方は危険信号です。弊社の担当までお気兼ねなくご相談ください。

上記を実行は決して1人で行おうとしないことが大切です。外部活用も含め、ウェブ担当チームをつくり運用を計画的に行なう仕組みを整える。それが経営者や事業責任者の役目ではないでしょうか?

 

WEB集客の実践力向上を目的として

最近は、新規客づくり、また催事の予約勧誘などにおいても ホームページやLINE公式アカウントなどの活用は不可欠となりました。

そこで、PR現代では、

『これから本格的にWEBで集客、売り上げを伸ばしたい』
『まだまだもっとWEBを活用してみたい!』
『個別サポート契約をしていないので、WEB運用は習慣化できていない』

という宝飾店の皆さまを対象に「JMG/WEB塾」を企画いたしました。

===「JMG/WEB塾」の特徴===

1:オンラインで毎月1回、参加各店のサイト状況を数値で共有します!
2:専門店において今や欠かせない、WEBマーケティング『3本の矢※』を徹底活用します!
※3本の矢とは「見込み客発見型HP」「グーグルビジネスプロフィール」「LINE公式アカウント」です。
3:WEB広告(特に検索連動型広告「Googleリスティング広告」)のやり方をお伝えし、実際取り組んだ成果を共有します。

月1回、ZOOMを使用して2時間。 参加各店の情報共有と進捗管理を実施。参加店様をサポートさせていただきます。

正直なところ、WEB運用においては、お店によって大きな格差が生まれているのが実情です。

プログラムなどの詳しい内容は、こちら をご覧ください。

繰り返しになりますが上記『WEB活用10の基礎チェックポイント!』で 該当する項目が5つ未満の方は「JMG/WEB塾」へのご参加を強くおすすめいたします。

共に学ぶ仲間がいれば安心です。WEBの苦手意識を克服しましょう!

お申し込みは、こちらから  お願いいたします。

共に学び、実践し、WEB集客と顧客づくりの基礎実践力を高めませんか?

JMG『WEB塾』2023年11月スタート!

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇PR現代公式LINEアカウントに
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/rV8g8NU

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. 眼鏡業界のデジタルトランスフォーメーション オーマイグラス(株)iO…

  2. ユーチューブ経由で半年間で売上3,500万円の実績を出した店のマインド…

  3. 働き方改革

    4月新年度に思うこと

  4. 年末が近づいてきた今、詳細な顧客分析を

  5. 【秋のIJT講演】ECショップ売り上げアップの本質と新たな戦略

  6. 急速に進む、デジタルへの取り組み

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031