勇気づけられた広告

今日、緊急事態宣言が39県で解除
されることが決定されました。

日本は、公表されている
感染者数が他の国と比較して
非常に少なく、
正しいデータではないのではないかと
批判されていますが、
日々更新されるYahoo!の
特設ページのグラフを見ると、
計測されている感染者数は
確実に減少してきているので、
収束に向かっていることは
確かなのかもしれません。

そして、この緊急事態宣言解除の決定。

これが吉と出るか凶と出るかは
まだ誰にも分かりませんが、
いつまで続くか分からない
コロナ禍に、一つの区切りが
着いたことは、前向きに捉えたいなと
思います。

ただ、私が住む埼玉県をはじめ
東京や千葉、神奈川、北海道などの
地域は解除されておらず、
もう少し先までかかりそうです。

加えて、全国で緊急事態宣言が
解除されたからといって、
以前のような暮らしにすぐに戻れるかといえば、
なかなか難しいと思います。

電車内では、座席を一つおきに座り、
ラーメン屋さんなどでも
座席の間隔をあけて座るようになっています。

マスクなしで出歩くには勇気が入ります。

アフターコロナとか
新しい生活様式と呼ばれるスタイルに
変わっていくのでしょう。

それゆえに、長期的に見て
私たちのビジネスのあり方を
見直す必要があることには
変わりありません。

さて、先日見つけた広告の話なのですが、
とても勇気づけられたというか
ちょっと感動した広告がありました。

それはドラえもんの広告です。

キャッチコピーは、

“だいじょうぶ。未来は元気だよ。”

です。

本文には、こう書いてあります。

きみがおうちにいてくれたから。

ちゃんと手を洗ってくれたから。

家族を想ってくれたから。

ともだちと支え合ってくれたから。

やさしい気持ちでいてくれたから。

病気の人を助けてくれたから。

みんなのために働いてくれたから。

未来をあきらめないでいてくれたから。

だいじょうぶ。未来は元気だよ。

と。

ドラえもんは22世紀の未来から
やってきた猫型ロボット。

我々の知らない未来の世界なら
コロナ禍にどうやって
人類が立ち向かったのかの結末も
知ってるわけですね。

そんなドラえもんからの
エールやねぎらいは、

フィクションの話とはいえ
とても説得力があると感じました。

ちょっと粋で
勇気がもらえました。

この広告は日本だけでなく
色々な国のバージョンがあり
世界に発信されたようです。

ドラえもんのファンは
世界中にいるので、

多くの子供達や大人たちの
心に響いたのではないかと思います。

ドラえもんのメッセージのように
緊急事態宣言が解除されても
しっかりと感染防止対策をして
行動をしていきたいですね。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇LINE公式 「PR現代《きもの事業部》」に
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/xKHZwpr

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prg.base.shop

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. マスクが高い、買えない、店にない

  2. テクノロジーの進化、その光と影

  3. グーグルが検索結果のルールをまたもや変更、最新情報を優先

  4. 知ってもらう事のほうがいい商品を作るよりも難しい?

  5. こういうときだからこそ!

  6. 長男と二人、ネットで大炎上中の映画を観てきました

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930