検索語句の配置、ワンコンテンツ・マルチ展開、当店では……という情報発信の大切さ

検索語句の配置、ワンコンテンツ・マルチ展開、当店では……という情報発信の大切さPR現代

こんにちは、PR現代 代表の下島です。
最近、各宝飾店さんでの様子を伺うと、新規のお客様づくりで成果を上げているお店には
次のような共通点があることがわかりました。

それは・・・

◎ウェブから自店や商品を見つけて来店し購入してくれた
◎修理関係の受注からリピーターや、展示会にも来てくださるようなファン客になってくれた
◎Googleの口コミ通り、ていねいな接客をしてくれて印象がよかった

というような点でした。
特に多くのお店の方から伺うのは「新規のお客さまはネットからの方がほとんどです」というお話です。

そこで今回は、このようなお客様との出会いのスタート地点となる、
ウェブから自店や商品を見つけて来店し購してもらうためのポイント』について、実際に弊社の契約先で行っていただいていることや研修会などで紹介していることを少し紹介したいと思います。

1:検索語句を明確に、ふんだんに記載する

ホームページや、Googleビジネスプロフィール、各種SNSにネットユーザー(閲覧者=見込み客)が検索するであろうキーワード=「検索語句」を盛り込みましょう。そしてその「検索語句」(=関心の高いテーマ、自店の提供する商品・サービス)に関する内容がきちんと記載された情報ページがそのメディアに掲載されていることを確認しましょう。

探しているネットユーザーと出会うべくして出会えるようにホームページやGoogleビジネスプロフィール、各種SNSを設計し、構築し、更新することがウェブから自店や商品を見つけて来店してもらうためにとても大切なことになります。

2:ワンコンテンツを多角的に活用する

お客さまの課題や悩みを解決したり、喜んでもらうために、自店がおすすめする商品やサービスに関する情報をブログ記事にあげたり、YouTubeで紹介したりしていると思います。その場合、その情報を別のあらゆるメディアでも紹介する「ワンコンテンツ・マルチ展開」をしているか確認しましょう。

例えば次のような多面的な情報発信です。
◎ブログ記事配信→Googleビジネスプロフィール→X(Twitter)・Instagram→LINE公式アカウント
◎YouTube→ブログ記事→facebook→LINE公式アカウント

メディアによって見ているユーザー層は違っていたりしますし、また人は複数回同じ情報に接することでようやくその情報を深く記憶できたりします。ひとつのコンテンツ(情報)をあらゆるメディアで多面的・多角的に紹介することでお客さまの反応によりつながりやすくなります。

3:「当店の対応」をしっかり掲載する

お役立ち情報として単に紹介するだけでなく、「当店ではこのような取り扱いをしています。それを実現する当店のこの商品、このサービスがお客様から喜ばれています」「当店でお求めの場合はこのような特典やサービス、保証をご提供し喜ばれています」というような「当店では……という情報発信」をぜひ結論として紹介してほしいと思います。

これにより、その情報を読んだ方は単なる知識や役立つ情報としてではなく、具体的に比較・検討・問い合わせしてみたくなる行動まで意識するようになります。

ジュエラーとして、プロから見た所感をきちんと伝えたり、すでにお求めのお客さまの感想を紹介したり、アフターサービスや保証など「なぜ当店を利用したり当店で購入することがお客さまのメリットになるのか」をきちんと説明することが大切です。

まとめ:ネット上で認知されてはじめて、リアルの存在が活きてくる!

今回ご紹介したこれら3つのポイントはすべて「言われてみれば当たり前」というようなことばかりです。
しかし、実際にはこの基本事項を守っていないホームページや、Googleビジネスプロフィール、SNSでの投稿などがとても多いというのが実情です。

ネット上で存在し、認知されてはじめてリアルの存在が活きてきます。せっかく労力をかけてブログ記事を書いたり、YouTubeを配信したりするのですから、少しでも成果につながりやすいように、ポイントを押さえそして継続して行っていただくのが良いと思います。

今回は、検索語句の配置、ワンコンテンツ・マルチ展開、当店では……という結論を明確に記す情報発信の重要性についてお伝えしました。

ウェブ集客、ネットからのお客さまづくりにお悩みをお持ちの方、どうぞお気兼ねなく弊社の担当スタッフまでお声かけください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇PR現代公式LINEアカウントに
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/rV8g8NU

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. ポケットが破れそうなほどのペン、ペン、ペン

  2. 2020年2~5月 前年同月比200%のアパレルブランド

  3. 中秋の名月と着物手帳

  4. 目に見えないウイルスの脅威は計り知れない

  5. 日本人の心、和の心

  6. 5G時代の4種の神器

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930