5G時代の4種の神器

三種の神器といえば、古くは、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、
八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、そして八咫鏡(やたのかがみ)ですよね。

歴代の天皇が皇位のしるしとして受け継いできた三つの宝物です。
そして、昭和時代の3種の神器といえば、電気洗濯機、真空掃除機、電気冷蔵庫でした。
さらに、新3種の神器ということでカラーテレビ、クーラー、自動車を指します。

今20代、30代の人たちにとっては、初耳レベルの古い話です。

とくに、新三種の神器は誰もが憧れる存在であり、これらを持つことができれば幸せになれる!
持っていることが幸福の証というようなものでした。

そして、今は2019年。
来年2020年は、東京五オリンピックが開催され、世界が日本に注目する年です。
携帯通信は5Gへの移行が始まります。

このブログではなんども5Gのことを書いていますが、
私は個人的にこの5Gへの移行は、とてつもなく大きなことだと思っています。

それゆえに、このことを繰り返し書いています。

今回の5G(正式には第五世代移動通信システム)ヘの移行は、3Gから4Gへの移行とは
全く次元が違うものだと思います。

2時間の映画が3秒でダウンロードできる通信力。
遅延なく重たいデータがやりとりできる信頼性。

今の4Gの約1000倍にもおよび大容量化を目指しているのが5Gです。

この5G化によって、色々な変化が起こると言われています。

まずひとつめは動画の爆発的な普及です。
4Kや8Kという超高精細な高画質動画をたやすく送受信できるようになることで、
動画配信やライブ配信、標準でウェブサイトに動画がある世界です。
スマホでも楽々動画閲覧・配信ができそうです。

ふたつめは、VRやARの普及です。VRはバーチャルリアリティ(仮想現実)で、
ARはオーギュメンテッド・リアリティ(拡張現実)と呼ばれるものです。

この二つは似て非なるもので、
VRは、実際は現実ではない3DCGなどで作成された仮想世界の中に
ゴーグル型の映像投影機などを身につけることでその3Dの世界に
あたかも入りこんでしまうようなものです。
振り返ると後ろの景色がちゃんと見えるので、
その場にいるのではないかという臨場感はすごいものがあります。

対して、ARは目の前の景色や風景をスマホなどのカメラをかざしたとき、
そこに実際には存在しないものを映し出す技術。
リアルとデジタルを融合させたテクノロジーは画像の精細さで臨場感が大きく異なります。

高画質なほど美しく、リアリティが高まります。

そして、ゲームの世界、自動運転の世界、医療の世界、さらに商品購入に関しても
大きな変化が起きると言われています。

5Gの通信力をベースとして、
その上に4種の神器が絡み合いながら新しい世界を作っていくと言われています。

オリエンタルラジオの中田敦彦さんが動画を公開しているので、
これを見るとよくわかります。

この方、難しい話をどうしてこんなにわかりやすく、
そして楽しく話をすることができるのでしょう。
お笑い芸人だから、といえば簡単ですが、
それだけじゃないインテリジェンスをすごく感じてしまいます。

さて、4種の神器とは、

1)IoT (様々な製品がインターネットに接続)
2)クラウド
3)ブロックチェーン
4)AI (人工知能)

です。

冷蔵庫も、蛍光灯も、お風呂も、洗濯機、
そして車や電車などもみんなインターネットにつながり、
本来の機能を超えたところで新しい働きをするようになっています。

毎日確認できない場所にお年寄りが一人暮らしをしていても、
冷蔵庫の開け閉めや電気をつける操作をしていれば、
生存がスマホで確認できるというようなやつですね。

これらのデジタルデータは、すべてクラウド経由でやりとりされます。

人工知能は、世界中の人々の行動や思考を
IoTの機器からクラウドに上がってきたデータを分析し、
一人ひとりにあった提案を行っています。
毎朝天気を調べるご家庭なら、事前に天気を提示してくれるといった具合です。

最後に、ブロックチェーンです。

ブロックチェーンは、国や権力を持った中央集権的な管理者がいない暗号化技術です。
金融のような流出してしまってはいけないデータや
機密情報などを守ることができる新しい技術として注目されています。

IoT機器から集まったデータをクラウド上でAIが分析し提案するわけですが、
もれてはいけない情報をみんなで確認しあいながら、
適切に保管することができるのだそうです。

ブロックチェーンは、中央にリーダーがいないことから、
GAFAに牛耳られている世界を壊す潜在力があると言われてます。
強い力をもった世界的な企業、
国・政府や既得権益を握った人達に優位な世界を変える力を持つ、
自律分散型のテクノロジーです。

仮想通貨の世界で起こったたくさんの不祥事のために、
仮想通貨やブロックチェーンに対する間違った不信感が広がってしまいました。

しかしFacebookのマーク・ザッカーバーグさんが
新しい仮想通貨を巨大企業群を仲間に引き入れて発表したりと、
このブロックチェーンの世界ではまだまだ革命前夜といったところです。

国などの既存の枠組みを超えたところで
お金などの社会のインフラのあり方が根本から変わっていこうとしています。

5G通信時代の到来は、単にデータの送受信が大容量・高速になったということでなく
関連した最新のテクノロジーが組み合わさって、新しい社会が構築されつつあるなかで
その変化を大きく後押しすることを意味しています。

だから、来年以降も、今年と同じような社会が続くと考えずに
私たちは革命的な大変化の端境期にいるという自覚を持ち、
まずは身近にある動画やスマホを味方につける方法を考えていくべきだと思うのです。

関連記事

  1. 本日ドラゴンクエストウォーク サービス開始!

  2. お店の主張が先か、お客様ニーズが先か。

  3. 今やドライブレコーダーもアプリの時代!?

  4. 明るさとユーモアと笑い

  5. 既存の常識や発想が次々と覆される昨今

  6. まだ5Gが始まってもいないのに、もう6G

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031